初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

13 愛人のすすめ

愛人契約をエサにしてお得にセックスをする方法

更新日:

愛人契約をエサにしてお得にセックスをする方法

愛人契約をエサにしてお得にセックスをする方法
ナカムラ
ども。ナカムラです。

突然ですけど、みなさん愛人契約ってしたことありますか?

一般に援助交際っていうのは、セックスをしてその都度お金を渡すことですよね。それに対して愛人契約っていうのは月10万円の契約で複数回会ってセックスをしたり食事をしたりという関係のことです。

世の中には、愛人契約をして、楽をして金を稼ごうなんて考えている女がたくさん存在します。

こちらの「【女性向け】援助交際よりも愛人を目指せ! 援助交際より愛人のほうがずっとオススメな理由」をごらんください。愛人契約というのは、女にとって様々なメリットがあるものなのです。

さて、私は、そんな愛人契約を逆手にとって、女を意のままに操る方法を開発してきました。本日は愛人契約をエサにしてお得にセックスをする方法をお話しさせていただこうと思います。

そもそも愛人契約はオトクである

愛人契約をエサにしてお得にセックスをする方法さて、細かいテクニックの前にお話したいことがあります。そもそも愛人契約はとてもオトクなのです。

なかなか日本の経済成長は軌道にのらず、かなりの人が自分の生活を貧困だと考えている状況です。

ある調査によれば、自身を貧困と思っている人の数は、首都圏人口の3割にも達しているそうです。

こういう状況は、当然出会い系サイトにも反映されます。むしろ、簡単に登録出来る出会い系だからこそ、一段とシビアに世の中の経済状況が反映されているといえるのかもしれませんね。

援助交際の相場」が下がるのと同時に愛人相場もすごい勢いで下がっています。今まででは考えられなかったような美女を、安く愛人に出来る時代が、出会い系では到来しています。

とくに狙い目は30代のめちゃくちゃ美人の女です。そういう女を月に8万くらいで愛人にすることを目標にしています。8万は高いと思いますか? しかし1ヶ月の契約なんだから、そのあいだ何度も何度も何度もセックスできるんです。1回あたりの金額にすればすごく安い。わたしは最高で1ヶ月に20回のセックスをしたことがあります。1回あたりの金額は4000円です。

どうして、30代の愛人希望の女はこんなにも安い金額でセックスをさえてくれるのでしょうか? それは彼女たちが、わたしと長期的な契約をしようと考えているからです。

彼女たちの考えはこうです。

最初はセックスの回数が多くても、だんだん減っていくはず。それなのに月額8万円を安定してもらえるならありがたい。不景気な今の時代に毎月8万円の収入が増えるなら我慢しよう。

しかし、わたしは1ヶ月が過ぎたら愛人契約をやめます。あるいは値下げ交渉します。値下げに応じなければ捨てます。もうさんざんヤった女だし。

というわけで1ヶ月だけセックスをしまくる愛人契約はとってもオススメなんです。なによりキレイ系の上物の女とセックスするのにこれほどかんたんな方法はありません。

そのあとで、「もう一回アイツとセックスしてーなー」って思ったら、そのときは援助交際としてちょっとお金を渡して単発セックスすればいいんです。

このチャンスを逃してはいけませんね。

タダでお試しセックスをする

女とタダでセックスをしたかったら、

「とりあえずお試しセックスをしてみて、それで相性がよかったら愛人契約しましょう」

なんていう方法があります。

この時に高額を提示しておくのがポイント。

「えーと月に200,000円くらいでいいかな。それでまぁ週一回ぐらい会ってもらえばいいよ」

なんていうふうに余裕の感じで話すのです。

この契約は女にとっては、最高の条件。なんとしても愛人契約を勝ち取りたいと思ってセックスのサービスに必死になります。

チンポはいつまでだって舐めるし、アナル舐めだってしてくれます。

とにかく必死のサービスの限りを尽くします。もちろんその女と会う事は二度とありません。ばっくれるだけです。

安くセックスする

もちろん無料でのセックスはできないという女の子もいます。そういう場合は「じゃぁあ2万円で1回だけお試しでやってみて、それで相性がよかったら、愛人契約をしようよ」と言うと簡単にホイホイ話になってきます。

向こうからしたら、お金をもらえるならということでセックスをするのかもしれませんが、はっきりってその女は、2万円でセックスをするようなレベルの女じゃないわけです。

援助交際だったらぜったいに2万でセックスをしないような女です。愛人契約をするような本当にレベルの高い女と、2万円でセックスをすることができます。

そういう女はプライドが高いので、愛人契約をするに決まっていると頭の中で思っています。

だからひょっとしたら15,000円でも落ちるかもしれませんね。

また女の方の心理としては、せっかく化粧して家から出てきて会っているんだから、多少なりとも現金を持ち帰りたいと言う感覚があります。

安い金額で、しかもレベルの高い女とセックスできるんだから、これ以上楽しい事はありません。

残念なのはこういう女とは2度とセックスができないという事ですね。

新規客だけ安くなる風俗店みたいなものだと考えてください。

愛人契約の支払いをジャンプする

普通に愛人契約をした場合でも、支払いを安くすることができます。

例えば最初の月に普通に愛人契約をします。月10万円で、4回会うという契約だとします。

さて先に10万円払って4回セックスをしたら、なし崩し的に5回6回とセックスをしてしまいましょう。これで1回あたりのセックスの金額はどんどん下がっているんですが、女のほうは、そのことに疑問を挟む様子がなかったりします。

もしたくさんセックスをして指摘されたらその時はその時で考えればいいですね。じゃあ今回はやめておこうとでも言えばいい。とりあえず相手が何も言わない限りは、どんどんどんどんセックスの回数を増やしていきましょう。

支払いをごまかす

10万で週一くらいなんていう契約をしたとします。

その時に頑張って6回セックスをします。

さらに次の月に支払わないまま2回セックスをしたとすると、合計で8回のセックスになります。この時点でバックレれば、これ以上支払う必要はありません。

これで1回あたりの金額は12500円と言うことになります。

どうですか、一見、愛人契約と言うのは割高なイメージですが、実際に計算すると非常にお得であることがわかると思います。

愛人契約は時間に縛られない

援助交際って2時間で2万円くらいのイメージじゃないですか。そうすると1時間あたりの金額は1万円ですよね。

でも愛人契約は、セックスの前にデートしたりすることだってできるし、時にはお泊まりをすることだってできます。

1時間あたりの金額に換算すればかなり安くなるはずです。

その女の普段の言動や服装やしぐさなどをじっくりと目に焼き付けて、「俺は今からこの女とセックスするんだ」というイメージを高めていくことができるはずです。

そしてその時間が準備されているのが愛人契約なのです。

愛人契約はお泊りできる

愛人契約は、お泊まりすることだってできます。お泊まりのメリットは、単純に、一緒にいる時間が増えるということだけではありません。

夜に散々セックスをして、朝起きてからもう一度セックスすることができるのです。つまり、お泊まりの回数を増やせば増やすほど、セックスの回数は倍々ゲームで増えていくのです。

無料で一緒に酒を飲む

最後に、余談になりますが、酒を飲むくらいのことなら、愛人契約をちらつかせれば簡単だという話です。

最近は、ギャラ飲みやパパ活なんていう言葉が流行っています。酒を飲んだり食事をしたりするだけでお金をもらおうなんていう女が非常に増えているんです。

全く腹立たしいですね。自分にそんな価値があると思っているのでしょうか。

さて、金を払って女と食事をしようなんて考えている男性は、ぜひ愛人契約をちらつかせてみてください。

愛人契約をしたい女性を募集するのです。そしてとりあえず最初は、こう言うのです。

「食事をして、お互いが人となりを知ってから、愛人契約をするかどうかを考えましょう。あなただって、会ったこともない男性と、いきなり愛人契約を結ぶなんて不安ですよね」

もちろん食事をしようが、酒を飲もうが、この時は一切の費用は必要ありません。

しかも愛人契約を希望する女というのは、平均的な女よりかなりレベルが高いものです。しかもその女は、愛人契約をしたいと思っているので、あなたに一生懸命話を合わせます。

あなたは非常に良い気分になって楽しく酒を飲むことができるでしょう。

キャバクラに行って酒を飲むよりも、はるかに安い金額で、美人の女の子とお酒を飲むことができるわけです。

愛人契約はタダマンに移行できる可能性が高い

男と女は会えば会うほど、がわいてくるものです。だから、愛人契約をして何度も何度も会っていると、普通の友人関係・恋人関係・セフレ関係になることも珍しくありません。

ほかのどんな関係よりも愛人契約はタダマンへの移行確率が高いのです。

出会い系を使う理由は人それぞれだと思いますが、一番多いのは、素人とタダマンをするためですよね。

ただ世の中にそうそう上手い話がないように、なんでもありの出会い系でもすぐタダマンというわけにはいきません。相手が誰でもよければ別ですけどね……。

それなりの女とタダマンするには、ある程度の時間とテクがどうしても必要です。だからネット上には出会い系の攻略サイトがたくさんあるわけですね。

それを眺めているうちに面倒くさくなってしまい、使う前から出会い系利用をためらわれている方も少なくないと思います。

テクの習得が面倒だから出会い系に二の足を踏んでいる方、あるいは過去に出会い系に手を染めてみたものの、上手く女性を釣り上げられなかったことがトラウマになっている方にお勧めしたいのが、愛人契約なわけです。

愛人志願の女はレベルが高い

今まで出会い系で出て来た女にろくなのはいなかったという方もいると思います。一回は出来たけど、2回はとても出来ないとか、思い出すだけで吐き気がするような出会いもあったかもしれませんね。

なんにしても、それでは愛人にするのはとても無理です。吐き気がするようなブスを愛人にするバカもいませんからね。

困ったことに、出会い系だとそういうブスでも登録をしていれば、何とか出会いにこぎつけられるから、登録をしている現実があります。

ところが、愛人契約となると、金が絡みますから、箸にも棒にもかからないような、とんでもないブスには登録に二の足を踏ませる効果が期待できます。

愛人といっても特殊な性風俗の女性ではありません。相手はあくまで素人です。出会い系を利用している普通の女性です。

しかも、まともに狙えば高嶺の花過ぎて手を出すことにさえ気遅れしてしまいそうなくらいのいい女が、愛人契約(つまり金)をちらつかせるだけで、いとも簡単になびいてくるんです。

女のレベルが高いんだから、同じ金額を支払ったとしても援助交際よりもオトクなわけです。

しかも、こちらが金を払って月契約をするという関係上、立場が上になるので、

  • 事前に面接をさせてください
  • 写真を送ってもらえますか。全身写真と顔写真をください
  • 身長体重を教えてください

なんていう質問にきっちり答えてくれるのです。だから無駄な労力を使う必要がありません。お金はかかるかもしれませんが、何よりもこの無駄打ちをしなくてすむというところに愛人契約のメリットがあるのです。

実際、愛人契約を前提に会った女性で、二度と見たくないほどひどいレベルにあたったことはありません。ただ、どうしても愛人とするには好みの問題があるため、それでお断りすることはあります。

ですから、愛人契約というフィルターをかけることは、出会い系にあまたいる玉石混交の登録女性の中から、ある一定レベルの女を識別する最も確実で手っ取り早い手段でもあるんです。

あとはその中から好みでいい女を選べばいいだけです。しかも不景気効果で費用はきわめてリーズナブルに済ませることも可能です。

安上がりにいい女と愛人契約を結べるこのチャンスを見逃しては男じゃありません!

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-13 愛人のすすめ

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2018 All Rights Reserved.