初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

12 援助交際ターゲット

人妻の間で「謝礼交際」が流行中だからこそ、それを逆手にとって格安でセックスする方法

更新日:

人妻の間で「謝礼交際」が流行中だからこそ、それを逆手にとって格安でセックスする方法謝礼交際」という言葉をご存知でしょうか? 初めて耳にした方も多いと思いますが、いま主婦の間でひそかに流行り始めている行為なんだそうです。

どんな行為かといえば「男性とデートをし相手を楽しませることで、その最後に謝礼として金銭をいただくこともある」という、ぶっちゃけていけば援助交際です。

しかし、その謝礼交際を実際に行っている主婦たちは、「これは決して売春や援助交際なんかではない!」と主張しているそうです。

……実際のところは、どうなのでしょうか?

謝礼交際の実態

風俗嬢も真っ青!主婦に蔓延する「謝礼交際」の荒稼ぎ

高学歴主婦たちのあいだで最近、ひそかに流行っているのが「謝礼交際」。売春と紙一重ではあるが、知的な話術とプロ顔負けのサービス精神で月間40万円も稼げる人もいる。(フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

「誰かから必要とされたい」 芦屋マダムがのめり込む「謝礼交際」

「援助交際? とんでもない! わたしの女としての価値、それが謝礼という形に結びついただけです。」――。高級住宅地で知られる兵庫県芦屋市に住む主婦のユウコさん(43)。関西ではお嬢様大学として知られる4年制大学卒の書道教師でもある。

ユウコさんは、ここ10年、SNSが普及してから知り合った男性たちと週に3回程度のデートを楽しんでいる。デートが終わると男性たちからは、時折、 「3万円から5万円程度」(ユウコさん)の謝礼を受け取っている。そうした謝礼だけで月に40万円くらいの額になるそうだ。時には謝金を受け取らず高価な 食事を共にするだけのこともあるという。

これは援助交際ではないのか。そう感じる読者も多いだろうが、ユウコさん本人は、断じて違うと主張する。「わたしのほうから謝金をお願いしたのなら、それはおっしゃる通り援助交際かもしれません。でも、お相手のほうから共に過ごした時間へのお礼として是非に…という真心です。それをお断りするのも気が引けますから」。

「最初は謝礼をいただく理由はないとお断りしました。でも、わたしも時には“自分の意に沿わない尽くし方”も受け入れています。だからそれに対する謝礼という意味で受け取っています。そのほうがお互いに楽ですから――」

ユウコさんがいう、“自分の意に沿わない尽くし方”とは性の相手をする、とりわけ特殊性癖の受け入れを指す。これまで「縛る・縛られる」「手錠をかける・かけられる」「尿を飲む・飲まされる」「複数人での性行為」…といった特殊嗜好をも受け入れてきたという。時には性行為中の写真や動画撮影にも応じてきた。

(中略)

ユウコさんの“友人”のひとりで大学教授のツトムさん(51)は、時折、謝礼を渡す理由についてこう語った。

「風俗店は業としてサービスを行っています。だからそのサービスに対する対価を支払うのは当然です。しかし彼女と僕との関係は商売人と客ではない。あくまでも友人です。その友人に僕の趣味に付き合ってもらう以上、何か、具体的な形でお渡ししたほうが互いに割り切れます。それが謝礼です」

(中略)

謝礼交際は売春とは違うのか?  弁護士が語る法的問題点

さて、この謝礼交際という形態、実態はやはり売春に限りなく近い。法的には問題はないのだろうか。複数の弁護士に聞いてみると、皆こう口を揃える。

「女性の側から謝礼を持ちかけるような言質がない限りは、法的に問題があるとは言えないのではないか。ただし、謝礼を受け取る前提で行っているのならその限りではない。もっとも、それを立証することは捜査当局も女性側も難しいだろう」

風俗嬢も真っ青!主婦に蔓延する「謝礼交際」の荒稼ぎ (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

謝礼交際の実態をまとめると……

  • 女性は援助交際や売春とは思っていない
  • 金銭を女性側から要求しているわけではないので、売春には当てはまりにくい
  • 男性も女性も、高学歴が多くプロとの関わりを持ちたくない意識がある
  • 男性側はデートを重ねることで擬似的な恋愛を楽しんでいる
  • 女性側はお金には困っておらず、娯楽のひとつとして楽しんでいる

といった感じです。

たしかにこれまでの援助交際や売春とはちょっと違ったところがあるようです。

援助交際や風俗嬢と謝礼交際との違い

何が違うかといえば、一番大きいのはその動機でしょうか。

若い女性の援助交際の場合。遊ぶ金ほしさだったり、高級ブランドの服やバッグを買うためにカラダを売ることがほとんどです。さらには、援交をしないと周りの友達についていけず、ハブられてしまうために仕方なくやっている……という女の子も多いですね。

風俗嬢や出会い系でプロ業者としてカラダを売っている女性は、生活費を稼ぐためにやっている人が多いです。もしその仕事をやめてしまえば、生活ができなくなったり貯金を切り崩して生活せざるを得なくなるわけですね。

どちらも明確な目的や理由があるのですが、謝礼交際に関しては「しなければいけない理由」といったものがないように思えます。

高学歴で裕福な家庭の主婦が行っているようですし、月に40万の謝礼金を受け取ったとしても、その何倍もの月収を旦那が得ている可能性が高いですからね。おそらく稼いだお金は高級ランチだったり、あるいはエステで更に自分を磨いたりなど、モノや形として残らない使いみちをしているのでしょう。

高級ブランドのバッグなどを買ってしまえば、「いったいどこでそれを買うお金を捻出したのか?」と旦那に怪しまれてしまいますからね。やっていることは不倫そのものなのですから、バレてしまうのは避けたいはずです。

そんなリスクを背負ってまでなぜお金を稼ぐのか……理由としては、やはり「必要とされたい」という動機があるのだと思われます。

自分はまだ価値のある人間、と思いたい心理

裕福な家庭の妻であれば、共働きなどをしなくても専業主婦で暮らしていけることでしょう。そうなると、他人との関わりというのがほぼなくなってしまうわけですね。家にいることがほとんどで、ママ友のような同性同士の横のつながりにしろ、セレブ妻ともなればいろいろなシガラミやストレスなどがあることが予想されます。

これが共働きを必要とされる、一般的な家庭であればパート先で異性と関わることが自然とありますからね。魅力的な年上の上司だったり、あるいはかわいらしい年下の男の子にちょっかいをだしてみたり……そんなよくある展開になる可能性があるわけです。

ですが、セレブ妻がパートなんてしたらママ友からなにを言われるかわかりませんし、「俺がこれだけ稼いでいるのに共働きなんて馬鹿にしているのか?」と旦那の心象も良くないことでしょう。

つまり、家でひとりさみしくじっとしているしかないというわけなのです。

女性というのはいつまでたっても誰かに必要とされたいものですし、まだまだ女としての価値がある、と実感したいものなのです。その両方を満たせるのが、謝礼交際になるんですね。

デートで相手の要望をすべて満たしてあげることで、まだ自分は男性を喜ばせることができるという自信を得ることができますし、その対価として多くのお金をもらえるということは自分の価値を正当に形として評価してもらったという実感を得ることが出来ます。

やはり謝礼交際の目的としては精神的な充足がまず第一であり、金銭的な謝礼はあくまでもオマケであり、お金という絶対的な価値観で評価をしてもらえるという裏付けでしかないのです。

出会い系に生息している人妻の多くは出会えるだけでその「自分が必要とされている」気持ちを満たすことができるものですが、セレブで高学歴という付加価値があると自負している女性にとっては、それだけでは物足りないのかもしれませんね。

しかし、多くの男性にとって3万~5万円というのは大金とも言える金額です。どういった男性が、謝礼交際をしているのでしょうか?

男性側も高収入で高学歴なことがほとんど

セックスがしたいなら風俗店にいけばいいし、そうでなくても出会い系には簡単にヤラせてくれる不倫奥様がゴロゴロ居るのに、なぜわざわざ謝礼交際するの?

と、わたしも最初はそう感じていました。

こういった男性たちが求めているのは単純なセックスや射精ではなく、デートを通じて会話を楽しむことで相手に対してより深い思い入れや好意をもち、それがセックスの価値を上げてくれる、という理屈だそうです。

「それなら別に出会い系で出会った人妻でも同じことでしょ?」とは思うのですが……。謝礼交際をしているセレブ妻は知的でユーモアのある会話や、上品な佇まいと雰囲気をもっているため、その付加価値や高品質なサービスにたいしてお金を払うのでしょうね。

よりお金はかかるけれど、より良いサービスを受けることができる……出会い系における「吉原」のような存在なのかもしれませんね。

あくまでも善意の謝礼……を逆手に取ることも出来ます

ここで大事なのは、あくまでも「謝礼」という形で「相手が勝手に期待しているだけ」な男性側の善意で成り立っている行為だということです。

もし、悪意のある男性が「謝礼交際をしてくれる女性を探しています」と掲示板に書き込んで、それに反応してくれた女性がいるとしましょう。

そして美しいセレブ妻と実際にデートをし、こちらの言うことをなんでも聞いてもらい、セックスはおろか変態プレイを存分に楽しんだとしましょう。

もちろん相手はこれだけのサービスをしたんだから、と3万円以上となるそれ相応の「謝礼」を期待していますが……ここで、こう言う男性がいるかもしれないのです。

「今回、期待していたサービスを得ることが出来なかったので謝礼は3000円にさせてください」

と。あるいは茶封筒に千円札を3枚ほど入れて渡すのもいいでしょう。まさか謝礼交際をするような人が目の前で封筒を開けてあらためるようなことはしないでしょうし、手触りでなんとなくお札が数枚入っていると感じれば、まず間違いなく一万円札だと思うはずです。

別れたあとに金額を確認したらたったの3000円……どういうことなの!?と気づいたところでもう後の祭りです。なんなら新聞紙を切った紙をいれてタダで楽しむような人もいるかもしれません。

こうなってしまえば、女性側はどうすることもできないのです。もし「あれだけのことをしたんだからもっとお金を払ってよ!」と金銭を要求してしまえば、その時点で売春が成り立って違法行為になってしまいますし、最初からあらかじめ「いくら払う」という話し合いもしていないのですから、そもそもこちらの言い値でいいわけです。

つまり、まともに出会い系をしていたらまず出会えないような高クオリティのセレブ妻とたったの数千円……あるいは無料ででこちらの言うことを何でも聞いてくれる都合のいいセックス相手として存分に楽しむ事も出来てしまいます。

まあ、ほとんど騙し討ちのようなものではあるのですが……(笑)でも、そんな世の中と男をナメたような「謝礼交際」なんてことをしているような女はロクなものではないですし、そういったリスクがあることは承知でやっていることでしょうから、気にする必要はありません。

出会い系でこれから増えてくるかもしれない謝礼交際というカタチ。もし見かけたり、興味があるならやってみるのもいいかもしれませんね。きちんと相場を支払うのか、それとも逆手に取ってお得に楽しむのか……それはアナタ次第です。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-12 援助交際ターゲット

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2018 All Rights Reserved.