初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

08 出会い系の危険

Twitterを利用した援助交際の危険性【裏アカ・裏垢】

更新日:

Twitterを利用した援助交際の危険性【裏アカ・裏垢】最近、Twitterを利用して援助交際相手を探している女性が増えてきているようです。たしかに不特定多数に対して「宣伝」ができるTwitterは、援助交際との相性が良さそうですよね。

しかし、その多くは詐欺を目的とした偽アカウントであることは知っておいたほうがいいでしょう。

かくいうわたしが、騙されてしまったひとりなのですから、間違いありません(泣)

Twitter を利用した援助交際は実際に行われているが……

中には真面目(?)に援助交際相手を探している少女もいます。ゴムありで2万5000円だの、かなり強気な値段設定をしている人はガチである確率が高いといえます。

そんな中で「ゴムあり1万円でいいです! 16歳のJKです!」なんていう、思わず二度見してしまうような好条件のアカウントがちらほら見受けられるのです。

思わず飛びついて見てみると、プロフィールの写真はものすごくカワイイ!

「こんな超上玉のJK16が1万円!? 買いまーす!!!」

なんて意気揚々とDMを送ってみたら、どうも話がおかしい。なんやかんやと理由をつけて、いきなり会うのは怖いから先払いをしてほしい、みたいなことを言い出すのです。

ん? 急ぎなんじゃなかったの? てっきり今すぐ会うものだと思ってたのに……。

この辺からちょっと怪しく感じていたのですが、毒を食らわば皿まで、ということで突っ走ってみることにしました。

Twitter 援助交際詐欺

Twitterを利用した援助交際の危険性【裏アカ・裏垢】どうやって先払いをするのかと聞けば、アマゾンギフトカードを買ってきてほしい、とのこと。通称アマギフと呼ばれているそうです。これはアマゾンギフトカードに限らず、iTunes ギフトカードだったり、Google Play ギフトカードだったり、楽天ギフトカードだったりと、様々らしい。

要はコンビニで裏にコードが書かれているギフトカードを買ってきて、そのコードを先に写メで撮って送ってほしい、ということなのです。

冷静な時であれば「それおかしいでしょ!詐欺じゃん!」と余裕で気付けるのですが、「超カワイイ女の子と1万円でヤレる!」とのことで頭がいっぱいになってしまっていたら、これに引っかかってしまうのでしょう……。

わたしはブログのネタになるかも、と思って騙されているだろうなあと思いながら言われたとおりにしてみました。本当ですよ。あえて騙されたんです。わたしはあえて騙されただけですからね!(泣)

コードの写メを送ってからはどんな返事がくるかなー、とワクワクしていたのですが、なんと1分後にはブロックされてしまっていました(笑)あまりにも無情といいますか、露骨といいますか……。

この詐欺の上手いところは警察に被害届を出しにくいところでしょう。なにせ「かくかくしかじかで、騙されました! 逮捕してください!」と訴えようものなら

「あなた、その前に16歳の女子高生を買春しようとしてたの?」と、警察からこっぴどく怒られてマークされてしまう可能性があるのです。

そのリスクを考えたら、とてもじゃないですが警察に被害届を出しに行くなんてことはしづらいですよね……。

Twitter の援助交際は割高であり、リスクもある

ちなみにこの前金制度は Twitter 援交ではよくあることなんだそうです。全額前金なんてことはめったにありませんが、例えば2万5000円の取り決めであれば、最初に5000円を支払って会ってから2万円渡す、といったことは珍しくないそうで。

お金を払わずにヤリ逃げする男や、連絡だけとって実際にはこない冷やかしの男を避けるために、文化として成立してしまっているようです。

Twitter 援交のなによりのメリットは、そのお手軽さにあります。逆にいえばお手軽だからこそ、冷やかしだったり、詐欺だったり、割高な値段設定だったりが横行してしまっているわけです。

健全?なTwitter援交の流れとしては、援助交際募集専用のアカウントをつくります。だいたい、こんなアカウントがそうです。「援助交際」とか「援交」で検索すれば山ほど出てきます。

twitter 援助交際アカウント

気になった「買い手」のユーザーは、こういった援交用アカウントをフォローしておきます。すると、そのうち時間と場所を指定した「告知」がされますので、あとはそれに反応すればいいだけです。

twitter 援助交際アカウント

こんな感じで、まあ食いつく男の多いこと多いこと。これじゃあ値を下げる必要はありませんよね。あまりにお手軽に宣伝ができ、あまりに簡単に応募できることから、強気の値段設定が当たり前にはびこってしまっているわけです。

さらに、応募があったとしても冷やかしだったり「複数の募集に同時に応募していて、被ったからキャンセル」なんてこともザラにありますので、女性側にとっても「成立するかどうかがあやふやなリスク」を少しでも軽減するために、高めの値段設定をせざるを得ないという環境にも原因があります。

こんな環境であれば、たしかに前払い制度という馬鹿げた文化が根づいてしまうのも頷けます。

あまりにお手軽で便利がゆえに、契約が成立しづらくなってしまい、結果として相場の高騰を招いている印象ですね。

Twitter での出会いは逮捕率が高い

Twitter での出会いは普通の援助交際にくらべて逮捕率が高いという特徴もあります。

つい先日にも、逮捕者が出ています。というより、毎日のように逮捕されているのでしょう。容疑者の職業や地位次第で、記事になるかならないかの違いだけです。

中2女子買春容疑で市職員逮捕

――1万5千円渡し公園のトイレで、援交誘い文句を署員が発見 奈良県警中学2年の女子生徒に現金を渡してみだらな行為をしたとして、奈良県警桜井署などは24日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で、同県大和高田市職員の男を逮捕した。容疑を認めているという。

逮捕容疑は、男が専門学校生だった1月31日、奈良県橿原市の公園トイレ内で、当時中学2年の女子生徒(14)に現金1万5千円を渡し、みだらな行為をしたとしている。

同署によると、2人は1月中旬にツイッターで知り合ったという。生徒がツイッター上で援助交際を誘う文言を掲載しているのを署員が発見、事情を聴いて事件が発覚した。

森井容疑者は4月に大和高田市の事務員として採用され、教育総務課に勤務している。

http://www.sankei.com/west/news/170524/wst1705240046-n1.html

このように、教育に関わる公務員でありながら女子中学生とセックスをしてしまったために実名を公開されてしまうハメに……。これがごく一般的なサラリーマンであれば、逮捕はされど全国記事になってしまうことはなかったでしょう。ご愁傷様です。

最近、やたらと「18歳未満とのセックスで男が捕まった」というニュースを目にしませんか?

過去に比べて頻繁にニュースになるほど、18歳未満とのセックス案件が増えているのでしょうか?

わたしはそうは思いません。むしろ、可視化されていない水面下でのセックスを数えるのであれば、数年前よりも激減していると感じます。増えているのは「18歳未満とのセックス件数」ではなく「逮捕率」なのではないでしょうか?

そして、逮捕率が増えれば増えるほど、逮捕に怯えて援助交際に手を出す男が減っていきます。こうして買い手が減れば、需要と供給のバランスを保つために自然と相場が下がっていく。

そうです。Twitterの存在が、逮捕率に大きく貢献しているのです。

以前、こちらのサイトでもTwitterをもちいた援助交際について記事を書きましたが、いまも「割に合わない」という考えはかわっていません。むしろ、その傾向は加速しているといえるでしょう。

Twitterは誰でも簡単に検索することができます。Twitterのキーワード検索に「援助交際」とでも入れれば、いくらでも援助交際希望の女の子が出てきます。

これは利用する側にとっても便利ですが、「捜査する側」にとっても非常に便利なのです。

現に、ニュースでも「生徒がツイッター上で援助交際を誘う文言を掲載しているのを署員が発見」と言われていますからね。

「援助交際 中学生」とでも検索したのかもしれません。空調のきいた快適な部屋でTwitterをポチポチしているだけで捜査ができて、逮捕にまで至ることができるのですから、警察だって利用しない手はありませんよね。

こうしてTwitterを介した18歳未満との援助交際がことごとく逮捕されることで、逮捕率の上昇につながっているのではないかと考えられます。

出会い系とTwitterなら、出会い系のほうが安くて確実

なにしろ、援助交際の相場でいえば Twitter は出会い系の1.5倍から2倍くらいになっています。Twitter で探すのは確かに楽なのですが、出会い系なら2回ヤレるお金を払う価値があるかといえばギモンです。

女の子のレベルや年齢層としては別にどちらも似たようなものです。「○○のほうがカワイイ女の子率が高い!」ということはあまりないと思います。援助交際を求める層というのは、大体決まっていますからね。

加えて、Twitter特有の前払い制度という文化は害悪でしかありません。いちいちコンビニへ行かなきゃいけないのが面倒ですし、前払いのせいで詐欺や持ち逃げにも遭いやすくなります。

出会い系であれば会ってから渡すのがセオリーですので、そういった詐欺を心配する必要はまったくないですからね。

わたしもものの試しで Twitter を一時期使用していましたが、今では出会い系に戻ってきています。出会い系なら Twitter の半額で女の子とエッチできますし、Twitter でブスとエッチするくらいのお金を出会い系で使えば、かなりの上玉を選んでエッチすることも可能なのですから。

その他、Twitter 援交の豆知識

その他のTwitter 援交の豆知識をまとめました。

  • LINEのQRコードを載せているのはほぼ100パーセント業者。素人女はそんなめんどうなことはしません
  • 援交女を何人かフォローしていると業者アカからフォローされる。即ブロックすべし
  • 援デリ業者もとても多い。打ち子がやりとりをしてデリヘル嬢を派遣する。待ち合わせ場所がホテル街だったら、ほぼ間違いないく援デリ
  • 日暮里・大塚・鶯谷は100パーセント業者。池袋・新宿は80パーセント業者
  • フォローして、すぐにフォロー返しが来るのは詐欺か援デリ。素人女は、そんなにいつもTwitterに張り付いてはいない
  • Twitter から出会い系サイトに誘導するのは1000パーセント業者
  • プロフィール画像は何かしら入れておくべき。プロフィール画像が入ってないアカウントは卵垢といってイヤがられている

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-08 出会い系の危険

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2018 All Rights Reserved.