絶対安全に援助交際を楽しむ方法!完全に合法で未成年とセックスできる、その驚きの抜け道とは?初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています

援助交際の出会い「エンコーネット」

06 援助交際の続け方

援助交際で気に入った相手を愛人にしてしまう方法

更新日:

援助交際で気に入った相手を愛人にしてしまう方法わたしは月に2~4回のペースで援助交際を続けていますが、その中の60パーセントくらい女の子は「うん、まあこれくらいならいっか……」といった感じで妥協していることが多いです。

25パーセントは「お、いいじゃん!当たりだな!」と思えるのですが、さらに残りの10パーセントは「あ……ごめんキャンセルで」と面と向かって断ることもあります。

最初の頃は会ってしまったらどんなデブでもブスでも約束を守っていたのですが、最近ではそんなことを気にすることもなくなりましたね(笑)わざわざ好みでない女の子にお金を払ってまでセックスはしたくないですから。

では、残った5パーセントはなにかというと……それは「超当たりの女の子」との遭遇です! だいたい半年に1回くらいはそんな女の子に出会えますね。

せっかくの超大当たりなのに1回きりの関係で終わらせるのはあまりにもったいない!

そう思えるような出会いが、援助交際を続けていれば必ず訪れます。そのような千載一遇の好機を逃さないためにはどうしたら良いのか?

世の中には「愛人」というシステムが有ることを覚えておきましょう。あなたは愛人契約の結び方をご存知ですか?

愛人契約のすばらしさ

愛人というシステムの仕組み

愛人というとなんだか大物政治家や会社経営者のみに許された特権のように感じますが、ふつうのサラリーマンが愛人をかこっていることも今は珍しくありません。

事実、わたしもこれまでに数名の愛人と定期的な関係を結んでいたことがあります。さすがに専用マンションを買い与えたりは出来ませんが……(笑)それでも半年から1年くらいは関係が持続していましたね。

毎月、何十万も費用がかかるイメージが愛人にはあるかと思いますが、そんな大金がかかるわけではありません。

愛人契約の相場はそれこそ女の子のレベルや状況によって多種多様なのですが、わたしはすべてこれまで月10万円程度で契約を結んできました。もっとも安い女の子ですと、月5万円だった時期もありました。

毎週援助交際をしたとして、月に4,5回ほどです。1回の相場を1万5000円としてもかかる費用は6万円~7万5000円。さらに出会い系の利用料が5000円ほど追加されます。

月にかかる費用は最大でも8万円といったところです。

そう考えると、愛人の10万円という契約もそこまで高いものではないですし、むしろコスパで考えたらよっぽど優れていると思いませんか?

支払った金額とセックスの満足度を比べてみる

わたしの場合、最初に申し上げたように援助交際における出会いの60パーセントは「満足度の低い~並の出会い」です。

悪い気分ではありませんが、気分が高揚するわけでもありません。支払った金額における満足度はそのまま60パーセント程度といったところでしょうか。

次に、25パーセントは「満足度の高い」出会いです。

この出会いは正解だったな、といった気分になれますが「たまたま入った中華屋がすごい美味しかった」くらいのものです。これも支払った金額における満足度はそのまま125パーセントとしておきましょう。

そして残りの5パーセントでようやく「満足度のすごく高い出会い」が味わえます。

「この出会いは最高だった!」と気分が高揚し、高級焼肉店でA5ランクの牛肉を食べたような満足度を味わえることでしょう。支払った金額における満足度は200パーセントといっても過言ではありません。

では、ここで計算です。ざっくりとしたお遊びのようなものですから、参考程度にしてくださいね。

仮に4ヶ月間、援助交際をたっぷり楽しんだとしましょう。セックスをした回数は20回で、かかった費用は32万円です。合計20人の内訳は以下のとおりです。

  • 14人は「満足度の低い~並の出会い」(満足度60パーセント)
  • 5人は「満足度の高い出会い」(満足度125パーセント)
  • 1人は「満足度のすごく高い出会い」(満足度200パーセント)

これを32万円に当てはめて計算すると……以下のようになります。

  • 14人x15,000円x0.6=126,000円相当の満足度
  • 5人x15,000円x1.25=93,750円相当の満足度
  • 1人x15,000円x2=30,000円相当の満足度

これらを合計すると……249,750円、およそ25万円相当の満足度を得られることになります。かかった費用は32万円なのですから、25万円相当の満足度では、7万円の赤字になってしまいますよね。

もちろん、出会いを吟味すれば当たりの確率はあがりますし、運がよければ当たりを連発で引けることもあるでしょう。まるでソシャゲにおける「女の子ガチャ」のような、当たりハズレを引いて一喜一憂することもまた援助交際の楽しみのひとつであることも確かです。

愛人契約の場合は驚きの満足度!

しかし、運悪くハズレを引き続けてしまう時期もあることでしょう。そんなときは「こんなことなら風俗いっときゃよかった……」なんて後悔に駆られることも。馬鹿にならないお金を援助交際で使って落胆してしまうのでは、あまりにもったいないですよね。

では、今度は愛人契約をした場合の計算をしてみましょう。こちらも期間は4ヶ月、セックス回数は20回。かかった費用は40万円とします。先ほどと条件を揃えるために、1回あたりのセックスは15,000円とします。

  • 1人x15,000円x20回x2=600,000円相当の満足度

あまりにも単純計算で申し訳ないのですが、結果はこうなります。得られる満足度は驚きの60万円相当! かかった費用は40万円なのですから、20万円相当の黒字となります。

7万円の赤字と20万円の黒字では、どちらがお得かは火を見るより明らかですよね。

まあ、実際のところは4ヶ月も続けていたらさすがに飽きてきて徐々に満足度が下がっていき、150パーセント程度までは落ち込むかもしれません。それでも圧倒的にコスパが優れているのには変わりないですけどね。

それに、愛人契約の場合はどういった契約内容にするかは人それぞれ変わってきます。月に何回会っても定額の契約もありますし、基本金を定めて会った回数分を上乗せしていくタイプもあります。

契約内容によっては1回あたりのセックスの費用が上がってしまうこともありますし、逆にうまいことこちらに有利な契約を結べたら月に10回セックスしても10万円で済むこともあります。

もし、月に10回のセックスを4ヶ月続けることが出来たら……実に120万円相当の満足ととなりますので、もはやよくわからないレベルです(笑)

そうでなくても1回あたりのセックスが1万円と考えるだけでもものすごくリーズナブルですし、毎回自分好みの超大当たりの女の子とセックスが出来るのですから、愛人契約は最高です!

愛人契約がいかにお得かはコチラにも書いてありますのであわせてごらんください。

愛人契約をエサにしてお得にセックスをする方法

最初から愛人契約を望んでいる子はスルー推奨

出会い系を利用していると「紳士的な男性」だったり「余裕のある方」だのといった文言をのせて男性を探している人がいます。これらは愛人契約を望んでいる女性たちです。

愛人契約がコスパ最高なら、援助交際なんてせずに最初から愛人契約を結べばいいのでは? と思うかもしれませんが、実はこれらの女性は地雷であることがほとんどです。コスパとしては最高どころか最悪だったりします。

まず、なんといっても条件があまりにも分不相応な事が多いです! 援助交際であれば間違いなく「満足度の低い~並の出会い」に当てはまるであろう女性が、月に30万の契約を欲していることが珍しくありません。

もしそんな契約を結んでしまったとしたらどうなるでしょうか? 先程のように4ヶ月で20回のセックスとして計算してみましょう。こちらも、先ほどと条件を揃えるために、1回あたりのセックスは15,000円とします。

  • 1人x15,000円x20回x0.6=180,000円相当の満足度

支払った金額は120万円であるにも関わらず、たった18万円の満足度しか得ることが出来ません。100万円以上も赤字になってしまうのです!

もっとも、そもそも「満足度の低い~並の出会い」の女性と契約を結ぼうとは思わないので、机上の空論でしかないです(笑)

ただ、事実としてそんなコスパ最悪な女性が厚顔無恥にも堂々と愛人契約を希望しているのです。こんな地雷は決して踏んではいけません。

もちろん、中には「満足度のすごく高い出会い」の女性も募集をしていることでしょう。しかし、そういった女性はきちんと自分の価値を把握していますので、月50万円を要求してくることもあります。

たしかに出るとこに出ればそれくらいの価値はあるかも……と思えるくらいの女性がいたりしますので、レベルとしては援助交際よりパパ活をしている女性の方が全体的に高いと思われますが、あまりにも費用が高すぎます。

それこそ、大物政治家や会社経営者のような一部の特権階級のみが囲える高級愛人とも言えるジャンルですね。月50万円だなんて、わたしの月給よりも高いのですから、とても無理です(笑)

援助交際をしている女の子は愛人契約という概念を知らないことも多い

援助交際をしていくなかで愛人契約を探すメリットとしては、ピンポイントで自分好みの女の子を狙えることに加えて、最初から愛人契約を希望している女性と契約するよりもずっと安く契約を結べることにあります。

そもそも愛人契約という概念を知らない女の子が多いのです。実際、わたしがこれまで愛人契約を結んだ女の子は、すべてわたしが初めての愛人契約でした。

「へぇー、そういうのもあるんだ! おもしろそう! いいよ!」

と言った軽いノリでOKしてくれるのですから、こちらとしてはシメシメといったところです。愛人契約に専念をしてパパ活をすれば月50万をもらえてもおかしくない超大当たりの女の子が、たった月10万で契約してくれるのですから。

初めて愛人契約を結んでからというもの、その旨味を知ってしまったせいで「援助交際は愛人契約を結ぶ相手を探す場所」と変貌を遂げました。援助交際相手とのセックスは面接といったところでしょう。

ルックスはいまいちでもすごく愛嬌があったり、セックスの相性がよかったり、一緒にいてものすごく楽しい時間を過ごせる場合などもありますからね。見た目の印象だけではわからないことも多いのです。

愛人契約に適した年齢とは

特に18歳や19歳といった若い女の子は、自分の価値をわかっていない子も多いです。ぶっちゃけ、あまり頭が良くない子も多いので、愛人契約とまではいかなくともリピーターとして割安にセックスしたり、あるいはセフレのように丸め込んでしまうことも何度かありました。

愛人契約として理想の年齢は18歳~22歳といったところでしょうか。やはり社会人になると自由な時間も減ってくるため、なかなか都合が合わないこともあります。

それに、社会に出ればお金の重みも知ることになりますし「わたしの自由を拘束するのだから、それ相応のお金を払ってよね?」といったような、小賢しい口を利くことも。

やはり愛人契約として便利なのは学生やフリーターですね。18歳~22歳の女の子はまだまだお金に対する価値観が子供なので、月10万というのは相当な大金に感じるはずです。

実際、その年代のバイトの時給なんてのは900円前後がほとんどです。田舎であればもっと下がることでしょう。10万円稼ごうと思ったら月に120時間は労働しないといけません。

1日8時間労働だとしても15日相当。月の半分は1日中みっちり働いてやっと10万円なのですから、週にたった1回セックスするだけで10万円もらえる愛人契約は「圧倒的にお得」に感じることでしょう。

そもそも、援助交際に手を出しているのですからお金には大なり小なり困っているはずなのです。女の子側だって毎回掲示板で相手を探す手間や、どんな人がくるかわからない恐怖に怯える必要もなくなるのです。

そんな細いロープを渡るような生活から、安定した収入と安心安全に働ける環境は、渡りに船と言えるでしょう。まさにWin-Winの関係というやつです。

愛人契約は援助交際よりもコストがかかるが、リターンも大きい

このように、メリットだらけに思える愛人契約ですが、ひとつだけデメリットがあります。それは、援助交際と比べたらどうしても費用がかかってしまうことです。

うまいこと口車に乗せることができれば月5万円といった破格で結べることもありますが、やはり月10万円は見ておいたほうがいいです。お金をケチって超大当たりの上玉をみすみす逃してしまうのはもったいないですからね。

わたしが愛人契約を結ぶときは値切ったりするようなことはせず、いきなり10万円をポンと提示します。

女の子からすれば7~8回は援助交際をしないと稼げないお金を簡単に手に入れることができるのですから、最初のインパクトが大事です。

愛人契約という概念を知っている女の子からすれば「は?たった10万円?」と鼻で笑われてしまう金額でしょうが、知らない女の子であれば度肝を抜かれる価格であることは間違いありません。

この一発勝負で愛人契約を結べないようでしたら、諦めたほうがいいかもしれませんね。よっぽど逃したくない上玉であれば引き上げも検討しますが……わたしもしがないサラリーマンですので、月10万円の時点で目一杯なのが現実です。

愛人契約をうまく結べた場合はとてもおいしい思いが出来ますが、それがすべてではありません。援助交際は当たりハズレがあるとはいえ「いろんな女の子とエッチができる」のも楽しみのひとつだと思うのです。

それは男性の本能でもあります。より多くの子孫を残すために、より多くのメスと交尾したい。それは「種の保存」という、遺伝子に刻み込まれた自然界における絶対的な衝動なのですから。

愛人にしやすい女性

さて、援助交際から愛人契約をするにしても、どういう女の子が愛人にしやすいのかを知っておかねばなりません。

女性は「愛人にしやすい人」と「そうでない人」の2種類に分かれるのです。

愛人にしやすい女性のタイプを知ると、出会い系コンテンツでの成功率アップに繋がるので、これから作る人には欠かせないポイントです。

お金に困っている女性

出会い系では生活費やお小遣いを稼ぐために援交している女性が多く、金欠女子は最も愛人にしやすいです。

愛人は「既婚者から経済的な支援を受けている人」のこと。

このタイプは不倫やセフレと違ってセックステクニックは求めておらず、定期的にセックスしてお金を貰えれば満足します。

『とにかくお金が欲しい』という考えなので、交渉次第では愛人契約が安くすむ場合があるのも大きな魅力。

低予算でとりあえず愛人を作ってみたいのであれば、こういったタイプの女性が攻略しやすくおすすめです。

年上好きな女性

愛人といえば、一回り以上若い女性のイメージ。

お金目当てで愛人になる人もいますが、年上の既婚者と付き合いたいという思いからなる女性も少なくありません。

女性からすれば“お金が貰えて、好みの男性とセックスできる”と良いことだらけ。

父親のような優しさや包容力、妻子持ちという大人な風格など、こういった部分に魅力を感じるため、年上好きな女性は付き合いやすく愛人にもしやすいのです。

このタイプを狙う場合は、自分の年齢が高いほど有利になります。

年齢が離れているからと奥手にならず、若い女性にどんどんアプローチするのが効果的。

やり取りやデートは自分がリードし、頼り甲斐があることをアピールしましょう。

また、相手の話しをしっかり聞き、悩みや相談には共感するだけでなく自分の意見を伝えるのも、若い女性がグッとくるポイントです。

愛人関係はお金で成り立っている部分が多いですが、こういった女性には年上の魅力が関係を長く続けるために欠かせない要素

単にお金で釣るだけでなく、女性が理想とする愛人像になるのも、愛人作りには大切です。

依存心が強い女性

男性に対する依存心が強く、相手を頼り切ってしまう人は、関係を優位に進められるため愛人にしやすい特長があります。

「この人さえいれば良い」という考えを持っており、愛人関係を持ちかけても「愛人でもいいかなぁ…」と思ってしまうタイプの、いわゆる流されやすい女性。

愛人契約の金額さえ任せきりにしている女性も多いため、希望の金額で相手と関係を築くことができる可能性は高いです。

ですが、関係を切るときが問題で「離れたくない」、「ずっと一緒にいてほしい」などの駄々をこねる恐れがあります。

この手の女性はメンヘラ気質があるので、愛人にするのであれば個人情報は教えず、夢中にさせつつも適度な距離感を持って接しましょう。

手懐けやすく愛人にしやすいタイプである反面、切る時に厄介になるタイプでもあるので、少しでも面倒だと思うのであればおすすめはできません。

プチ愛人を求める女性

最近では、短い期間だけ愛人になる“プチ愛人”が流行っており、女性誌などでも話題になっています。

「生活費は自分で稼いで、旅行や食事の費用などを男性に出してもらう」というのがプチ愛人のスタイル。

職場の上司とプチ愛人になるケースが多いのですが、そういった人を探すのに出会い系コンテンツを活用している女性も少なくありません。

なので、出会い系コンテンツではプチ愛人を求める女性も狙い目です。

彼女たちはお金に困っているわけではなく、求めている見返りは定期的な旅行や食事、サプライズプレゼントなど。

多少お金はかかるものの愛人との楽しいひとときを過ごし、その後は濃密で燃え上がるようなセックスを堪能できます。

“プチ愛人”は短い期間なのでデメリットに感じるかもしれませんが、相手が気に入れば長期間の愛人関係に発展する可能性も。

短期間で相手を変えたい人や、愛人に時間をかけられる人にはおすすめなので、出会い系コンテンツを活用して狙ってみるのも良いでしょう。

愛人関係でのセックスを求める女性

不倫や愛人とのセックスは独特で、普段では味わえない興奮や快感があります。

不倫や愛人とは“してはいけない相手とのセックス”が楽しめる魅力があり、お金ではなくそれを求めている女性もいるのです。

最初は見返り目当てでセックスしていたものの、あまりにセックスに不満がある場合はあっさりと関係を切られてしまう恐れがあります…。

しかし、セックスで満足させてしまえば愛人関係ではなく、お金が発生しない不倫関係に切り替えることもできるので、テクニックに自信がある人はおすすめです。

“お金を払ってセックスさせてもらう”のが“お金はいらないからセックスさせて”と、お互いの立場を逆転させることができるのは大きな魅力。

実際に、セックステクニックで愛人契約を安くさせた男性も多く、愛人にかかる費用を安くすませるためにはこういった方法も効果的です。

愛人関係は『金とセックス』によって成り立っていますが、求めるものによってはその関係性は変わってくるので、相手を決めるときは気をつけてみると良いかもしれません。

割り切り上手な女性

愛人関係で怖いのが、相手が本気になってしまうパターン。

こちらはお金を払って若い子とセックスできれば十分なのに、相手が恋愛感情を抱いて本気の交際を求めてきては面倒です。

そのため、自分の立ち位置を理解し、それ以上踏み込んでこない“割り切った女性”が愛人には向いています。

そのタイプの女性はお金やセックスなど、愛人になる目的が明確になっているので、必要なものを貰えればそれ以上の詮索はなく、関係を他人にバラす心配も少ないです。

さらに、関係を断ち切りたいときも、ある程度の距離感を持って接しているため、後腐れなくスッパリ別れることができるのも魅力。

出会い系コンテンツでは“割り切り”がそれに当てはまりますが、「愛人にしてみたら、それ以上の関係を求められた」というパターンも少なくありません。

バレることが大きなリスクに繋がる恐れもあるため、愛人にする女性はしっかりと見定めつつ、リスク管理は徹底して行いましょう。

出会い系で愛人にしやすい女性のタイプまとめ

愛人が求めているものはお金であり、大金を積めばどんな女性でも関係を持ってくれます。

ですが、それはお金持ちの発想……。

出会い系で愛人を作るのであれば、こういったポイントを熟知し、それに合った攻略法で挑むのが1番効果的です。

出会い系には多くの愛人候補の女性がいます。

それぞれ金額や条件、求めているものが違うので、自分の理想と一致する女性を探して愛人にし、魅力的でスリリングな愛人ライフをエンジョイしていきましょう。

愛人契約をするためには職業が大切

さて、出会い系サイトで出会いを探すためにはプロフィールが大切です。

援助交際を成功させるために出会い系プロフィールで注意すべきポイント

しかし、援交から、さらに愛人契約まで進もうとおもったら、一番大切なのはプロフィールのなかでも職業なのです。

愛人契約をしようとする女性が、まず第一に求めるものは、お金が途切れないことです。

愛人契約では、お金がモノを言います。しかし、お金がすべてというわけでもないんです。

確かに、お金さえあれば年齢がどうの、顔がどうの、性癖がどうのという事は、ほとんど問題になりません。

ですから、実際愛人契約を続けるお金があることが重要です。

それと同時に、出会い系特有の事情として、お金がありそうに見えることが、実際にお金を持っている以上に重要になります。お金がありそうに見える人なら、年齢や容姿に関係なく、愛人契約を望んでいる出会い系にいる女性すべてをターゲットに出来ます。

ただ、そうは言っても、レベルの高い女性は愛人契約でも取り合いになりますから、それなりに作戦もいれば、努力も要ります。

競争社会では、女性受けする職業を演じると、ライバルを押し退けて素敵な女性を愛人にしやすくなります。

ここで言う女性受けする人気職業は、学生の就職ランキングなんかとはやや異なり、お金をもってそうなイメージに加え「愛人になったら楽しいだろうな」と思わせるプラスアルファがあります。

愛人契約というお金の世界でも、人気のある職業に就いている男性は、ひと味違って見られるのです。

愛人契約において人気の職業をご案内しますので、ご自身の経験や現在のお仕事から演じやすい職種を選んで、プロフを脚色してみると、いい女を愛人にしやすくなります。

会社経営者

日本は資本主義社会ですから、会社経営者は成功者の代名詞みたいなものですね。社長といえばいつの時代も、自ずから人気があります。

会社経営者は、愛人契約を結びたい職業ランキングでも、堂々のNo.1を獲得しています。

実際には赤字経営でも会社経営者に違いありません。それに、出会い系にいる愛人志願の女性は、そこまで難しいことは考えませんし、帝国データバンクで調べることもまずしません。

会社経営者の肩書きは、出会い系サイトでのプロフとしては金看板です。愛人探しでは尚のこと威力を発揮します。

立ち上げたばかりのワンマンカンパニーのオーナーであっても、出会い系では立派に会社経営者として通用しますから、肩書きだけのために1円カンパニーを作ってみるのも面白いかもしれませんね。

企業幹部

企業幹部もまた、資本主義社会、企業における競争社会の成功者、勝利者のイメージですね。同時に、女性はそこから、包容力のようなものを期待するみたいです。企業幹部というと、なんとなく人間が練れてるようなイメージを持たれやすいのかもしれませんね。

つまり企業幹部には、多くの女性が男性に望むファクターが凝縮されているから、黙っていてもモテるのだともいえます。

更にいいのは、勤務先がある程度知名度があり、誰もが知っているレベルだと相手に安心感を与えやすくなります。世間でも、名前の通ったところに勤めていると、信用されやすくなりますが、あれと同じです。

もちろん安心感の中身としては、有名な会社の幹部なら愛人契約をしても取りっぱぐれがなくて済むだろうという安心感であり、上手くすればお手当ても弾んでもらえるだろうという期待交じりの安心感でもあります。

有名企業の幹部になるのは、現実社会では大変な競争率になりますが、出会い系サイトではいたって簡単です。名刺を一枚刷っておけばいい話です。それだけの手間で有名企業の幹部になれるんです。

名刺には、会社名も実在で印字します。担当部門も、企業に実際に存在するセクションとして、リアリティを持たせます。

ここまですると詐称した企業に怒られるんじゃないかと思うかもしれませんが、よほどのトラブルさえ起きなければ、女性が会社に電話を入れることはありませんから、実在の幹部に成り切っても問題ありません。ただし、テレビによく出る人とかは避けます。

トレーダー

貿易業者や単なる取引業者もトレーダーになりますが、ここでは主に証券の売買を行う人を指します。これまた女性に人気の職業で、出会い系ではNo.3にランクインしています。

ある程度まとまったお金を運用して利益を出すトレーダーは、お金を自由に扱えるイメージがしますから、女性にとってお金を持っているイメージを抱きやすいんでしょうね。

実際には大損することもあり、リスクの高いトレーダー稼業ですが、女性はありがたいことに、そういうマイナス面までは気にかけないで、表面だけを見てくれますから助かります。

とにかくトレーダーは出会い系では驚くほど人気があります。個人的、経験的に、出会い系ではNo.1にしてもいいんじゃないかと思えるほど、女性受けがいい職業ですから、一度はプロフに書き入れても罰は当たりません。

実際にトレーディングをされている方から、ご自宅でネット証券を使って株式投資をされている方まで、とにかくトレーダーと称してみましょう。

いろいろな分野にコンサルタントという職能はありますが、代表的なものは経営コンサルタントのようです。

どのコンサルタントにも共通しているのは、知的なイメージと巧みなコミュニケーション能力を有していそうなことですね。

そうした高度な社交性が、女性からすれば付き合いやすそうなイメージとして、好感を持たれているようです。

また、経営コンサルをはじめ高額な報酬を受けて仕事をしているイメージがあることから、女性受けがよく、No.4の地位獲得です。

話術に自信のある方は、ジャンルは何でもいいので、多少知識のある業界なり趣味のコンサルタントを名乗ってみてはいかがでしょうか。難しく考えることはありません。

例えば、セックスが好きな人は、セックスカウンセラー、セックスコンサルタントを名乗ってみてもいいと思います。豊富な性知識は、愛人契約をする女性に安心感と期待感を抱かせます。

自営業

自営業は、職業柄、時間もお金も自由になるイメージがあり、なにより時間の融通が効くイメージが、逢瀬に苦労しがちな女性たちに人気です。

また、相手がサラリーマンの奥さんなんかだと、サラリーマンは安定した暮らしが身上ですが反面、毎月決まった額のサラリーしか入らない生活であることから、いささか味気ない思いもしています。

それだけに、営業が上手く行った月は軽く100万円を越すイメージのある自営業は、サラリーマンの奥さん達にとっては、ちょっとした憧れの対象でもあるようです。

逆に、少ない月は限りなく0に近くなるから、多い月もあるのが自営業の本来の姿ですが、出会い系にいる奥さん達はそういうマイナス面はほとんど見ません。

今現在、何もしていないのであれば、無職とは書かずに、自営業にしておくといいと思います。

広義の意味では、職探しも自営ですから、嘘ではありません。

資産家

資産家の分かりやすいイメージは不動産オーナーですが、資産は不動産に限りません。株や債券の配当で生活している人たちも資産家です。

実際の資産家は、負債も資産と言われるシビアな実態がありますが、これまた出会い系にいる女性はそこまで考えません。

ただ、そうした各種ある資産家の中でも、不動産を管理して生活をしているといえば、多くの愛人契約希望の女性は納得します。やはり、不動産の持つ安定感は抜群だからです。

たとえワンルームマンション1部屋のオーナーでも、不動産管理に違いありませんから、本業がサラリーマンであっても、資産家を名乗った方が出会い系ではモテます。

先生

最後に先生です。今まで取り上げた職業ではしっくり来なかった方でも、先生は最大公約数的にもっともなりやすい人気の職業ですから、少し詳しく説明します。

先生といえばまず学校の教員を思い浮かべますが、先生と呼ばれる職業は教師ばかりではありません。

お医者さんも先生ですし、弁護士や会計士さんなんかも、世間では先生と呼ばれていますね。

こうしたいわゆる士業も、くいっぱぐれがないといわれたのは昔の話で、現在は債務処理専門の弁護士さんが自己破産をするなど、芳しくないニュースも伝え聞かれるようになりましたが、それでもまだまだ先生の信用は崩れていません。

出会い系にいる女性の多くは、士業なら先生と呼ばれるだけあって、社会的地位が高く、お金も持っている職業ととらえています。つまり、お金+尊敬の対象でもあるわけですから、これはモテます。

それと、先生中の先生である学校の教師が満員電車で痴漢をしてつかまったり、東南アジアで少女買春をしたとか、さては生徒の親と学校でセックスしちゃったなんてニュースまで聞かれる昨今です。

つまり先生は、社会的地位が高く、安定していて愛人契約の相手として申し分ないだけでなく、同時に凄くいやらしいイメージも持たれているわけです。出会い系の女性はこれを好意的にとらえます。エッチも満足できるととらえるからです。

先生に成り切るのは割りと簡単です。特に学校の先生であれば、誰しも学校教育を受けているわけですから、一番印象に残った先生をモデルにしてもいいのではないでしょうか。

また、医師であれば、今までに通院したり入院してお世話になった先生を思い出して、真似をするのもたやすいです世ね。ちなみに、宅間守はもっぱら実在する大学病院の医師に成りすまし、出会い系で女を食いまくり、果ては結婚の約束までしています。

詐称モデルは、通院歴のある宅間に、長年精神治療を施してくれていた精神科の医師であり、偽造した名刺も大阪に実在する○○医科大学の精神科医師になっていました。ここまでしてもバレることはなかったそうです。

最後に

バレさえしなければ、何の役を演じようと自由なのが、出会い系サイトの素晴らしい点です。役を演じること自体が非日常でもあり、楽しいですよね。そのうえ女も抱けるんですから、これはもうしない方がバカです。

ただ、役者が役になりきるためには、稽古以前に役作りに相当の時間を費やすように、資産家でない人が資産家を演じるには、それなりの努力が要求されます。やっぱり努力は必要なんです。

でも、その努力も楽しいと思いませんか? 役者でもないのにいろいろな役が演じられるなんて機会、そうはないですからね。

出会い系では、嘘も方便です! それに、誠心誠意つく嘘は、真になります。

ご紹介した人気職業ランキングを参考に、嘘で塗り固めたプロフを作り上げ、自分のために自分で選んだ役を演じ切りましょう。自ずと女は手に入ります。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-06 援助交際の続け方

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」 , 2018 All Rights Reserved.