絶対安全に援助交際を楽しむ方法!完全に合法で未成年とセックスできる、その驚きの抜け道とは?初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています

援助交際の出会い「エンコーネット」

02 プロフィール・掲示板

援助交際のメールのコツ

更新日:

援助交際のメールのコツ「援助交際は金を払うんだからメールの内容なんて関係ない」なんて思っていませんか?

お金を払うとはいえ、相手は生身の女のコ。やっぱり感じが良い男性とセックスをしたいものです。

それに、感じが良いと思わせておけば、その後、援交の値段は下がっていくかもしれないしタダマンセフレだって夢じゃありません。

だから、わたしたちはなんとしても援交メールの能力を高めていく必要があるわけです。

本日は、援助交際のメールのコツをまとめました。

みなさまも、こんな感じで、掲示板やメールのやりとりなどしていってみてください。

援助交際のメール送信のコツ

援交の交渉は直メやLINEを交換してからおこなう

一番大切なのは、援交の露骨な交渉は、直メやLINEなどを交換してからおこなうことです。

大手出会い系サイトでは、援交関連のメッセージをやりとりしている運営から強制退会されてしまう可能性があります。

サイト内では「困っている子」「悩みがある子」などの言葉だけを使うようにして、実際の援交の交渉はサイト外でおこなうことにしましょう。

援助交際をするならフリーメール・LINE・カカオトークを利用しましょう

本文を読まれることが大切

援助交際をしようと思って最初に送るメールで、なによりも重要なこと

本文を読まれること

なのです。

実は出会い系サイトでは、タイトルだけ読まれて本文を読まれないメールがほとんど。タイトルが駄目なら本文をいくら考えようとも無駄だということですね。

つまり、相手の目的(希望)に沿った相手に興味のある話題をタイトルの一番頭にもってくる。

というのが正解です。

つづけて、

  • 相手のプロフィールや掲示板コメントに賛同し、「自分ならどんな風に貴方の目的・希望を達成するか」という視点で感想・提案を書きます。
  • また、自分が安全な人間であるなんらかのエピソードを加えるといいでしょう
  • プロフィールからもう一段階掘り下げて話題を広げることが可能な質問を必ず1つする。「最近彼氏と別れて…」などは「実はわたしも3ヶ月前に別れたんですけど、」みたいに書いたり、趣味に料理とかいてあれば「どんな料理をつくるの?」なんて書いてあげるのがよいでしょう。
  • その後、「はじめまして」と挨拶をいれる
  • 最後に「年齢・住所・身長・体型・職業・趣味・外見」などの自己紹介

大切なのは、「相手がどういう話を一番したいんだろう?」という点を見つけることです。

その点を見つけた後は、相手に気分良く饒舌にさせることができれば、その後の出会いがスムーズに進みます。

まずはなによりも安心させる

援助交際のメールのコツ

援助交際を成功させるための第一歩は、メールで女性を安心させることです。

それでは、どうしたら安心させることができるのでしょうか。

そのためには、援助交際を希望する女性の心理を知る必要があります。

そのうえで、わたしたちがどういったメールをすれば、女性を安心させることができるのかを考えていくべきです。

援助交際を希望する女性は、お金が欲しいという反面、不安も抱えています。

  • 「なんか怖い人に出会ったらどうしよう……」
  • 「セックスで病気を移されたらどうしよう……」
  • 「写真や動画を撮られて公表されたらどうしよう……」
  • 「お金もくれずにやり逃げされたらどうしよう……」

こういった不安を払拭させるようなメールが必要になります。特に援助交際初心者の女性は警戒心が強く、ちょっとでも不審な点があると、そこでメールの返信が途絶えます。

女性を安心させるには、下記のような意識が必要です。

  • あらかじめいくら支払うか伝える
  • セックスの前にお金を支払う
  • セックスの際はコンドームを着用する
  • どのホテルに行くか事前に伝える
  • バックにヤクザなどいないことを伝える
  • 撮影しないと伝える
  • このことは極秘にして口外しない事を伝える

このようなことを事前に伝えておけば、女性も安心します。

女性から質問されたことはできるだけ答える

女性は男性の謎めいた部分が多いと、警戒心が高まります。それを払拭するには、できるだけ質問に答えてあげること。

  • 「どこに住んでいるんですか?」
  • 「名前はなんと言うんですか?」
  • 「どんな仕事しているんですか?」
  • 「こういったこと(援助交際)はやったことはあるんですか?」

などと色々な質問をしてきた時に、はぐらかさないで必ず答えましょう。例えば名前を伝えるときも仮名でもなく本名であることを伝えるのもいいですね(もちろんウソの本名です)。

そういった個人情報を見せるということは、「悪いことをしない人」という裏付けにもなるので女性の安心感が増します。

ただし、自分が勤めている会社名などを伝えるのは控えましょう。何かトラブルがあった時に、影響が出てしまっては困りますからね。

口外しない人物であることを保証する

援交を口外しない人物だと安心させることも重要。

援助交際をする女性が一番怖いのは、情報の外部流出。友達や学校、会社などに、「あの子は援助交際をやっているらしい」、なんて噂がたってしまうと生活できなくなるぐらい追い込まれた立場になってしまいます。

そういった意味で、男性が信頼できるかどうかはとても大切です。そのためには必ず、「仕事をしている」と伝えましょう。

「自分だって仕事をしているから、周りにバレるのは困る。当然外部に口外することはない。」と伝えると説得力が出ます。

それ以外では信頼させるために「ツイッターやインスタはやっていない」と答えた方が良いです。ツイッターやインスタをやっていると、「そのこと(援助交際)を記載してしまう可能性があるのでは?」と、女性は思ってしまいます。

写真とか撮られて、ツイッターに「この女とヤった!」などと書かれたら、最悪ですよね。余計な心配を減らすためには、「SNSはやっていない」と伝えたほうが好印象です。

ちょっと地味ぐらいな男性のほうが、援助交際を希望する女性にとって好都合です。

いきなり「写真見せて!」と要求してはダメ

援助交際のメールのコツプロフィールに写真が載っていない場合、やはり見た目は気になるもの。でも、見ず知らずの男性がいきなり女性に「写真見せて!」と送っても、「なんだかいきなり礼儀知らずな男性だな」と思われるだけです。

あまり長々とメールしすぎるのもよくありませんが、ちょっとした自己紹介や挨拶が済んでから写真を見せてもらうといった流れにすべきです。

そして、写真を見たときに、「あまりタイプではないな……」と思ったとしても、すぐに切らずに、何回かメールをして徐々にフェードアウトしていくのが理想的です。

いきなり写真を見せて、とストレートに送っても見せてくれる女性は少ないです。逆に「まずは最初に写真を見せてくれませんか?」と言われる可能性が高いです。

そしていきなり写真を見せて、全く返信がなかった場合はかなりイラつきますよね。でも、そういったことをあなたはしようとしているわけです。すぐに写真を見たいなら、まずはあなたから先に送るのがマナーです。

ストレートな聞き方はしない

必要なことだけ早く聞きたいという欲望から、ストレートな質問ばかりしてしまうのはNGです。

例えば、

  • 「今はどこに住んでいるの?一人暮らし?」
  • 「彼氏はいるの?」
  • 「胸はどのくらいのカップ数?」
  • 「援交って今までしたことある?」
  • 「お金はどのぐらいだったらOK?」
  • 「エッチに興味ある?」

このように会話を楽しむのではなく、自分の欲望丸出しの質問ばかりしてしまうのはNGです。時には相手の質問に答えたりなどすべきです。自分ばかりが質問を投げかけてしまうような状況は避けましょう。

自分が聞きたいことがあっても、話の流れを変えてまで聞くのは空気を悪くしてしまいます。人間味がないと、怖がられてしまうので注意しましょう。

「すぐに会いたい」という気持ちを出しすぎない

男性の欲望として、「早いとこメールのやり取りは切り上げて、すぐに会いたい、そしてヤリたい」という気持ちがあるかもしれません。

ただ、その気持ちを実際にメールの文章で送るのはNGです。

具体的には、下記のような言葉は発しないように注意しましょう。

  • 「それより早く会おうよ!」
  • 「そういった話は実際に会ってからすればいいんじゃない?」
  • 「メールでやり取りするより会った方がお互いのことをすぐ知れると思うよ!」
  • 「とりあえず連絡先教えてよ!」
  • 「サイトでのやり取りはこれぐらいにしてLINE ID教えてくれない?」

このようにできるだけ早く会いたいという気持ちが強すぎると、相手も警戒心が強まります。

例えば、出会い系サイトの場合は、メールを送信するたびにお金がかかるので確かに早く連絡先交換して、次のステップに進みたいという気持ちも出てきます。ここで「できるだけメッセージを送るお金を節約しよう」なんて考えると、貧乏人だと思われて援助交際をするまえに切られてしまう可能性もあります。

しばらくメッセージのやりとりをした後に、「フリーアドレスでもいいのでサイト以外でやり取りしてくれたら嬉しいな!」などと伝えて、安心感を持たせつつ連絡先を聞くのが無難です。

 

相手の希望に合わせる

援助交際を希望する女性の中にも、

  • 手っ取り早くその日のうちに会って、今すぐお金をもらいたいタイプ
  • 安心な男性と確信してから援助交際を求めてくるタイプ

の2パターンがあります。それを確かめるためには、下記のようなメールを女性に送ってみましょう。

「最初に会う時にホテルに行っても大丈夫? それとも最初はご飯だけにしておいたほうが良い?」

などと聞いて、女性の気持ちを把握することが大切です。

もしすぐにでもホテルに行って大丈夫と返事する女性なら、積極的に早い段階で誘って問題ないでしょう。

ただし、ホテルに行く前にカフェで30分ほどお茶をすることをお忘れなく。すぐにホテルに行く約束をすると援デリの餌食になります。

【援交の敵】援デリ業者対策と悪徳出会い系業者の対策

一方、ちょっと不安な気持ちを抱えている女性なら、「どこどこのレストランに行って、その日はお別れしよう!」などと伝え、安心感を与えましょう。

女性は「どこに連れて行かれるんだろう……」、「この後何が起こるんだろう……」と不安な状況だと心を開いてくれません。

どんな状況を望むのか聞いて、事前にその日の予定を伝えちゃうのも効果的です。

できるだけ相手の条件に合わせる

援助交際を望む女性が譲れないのは、下記のようなことです。

  • 必ず避妊をすること
  • 相場以上の支払い(1万5000円から2万円程度)
  • 撮影しないこと
  • 口外しないこと
  • 周りにバレにくい場所で会うこと

上記のような希望を伝えてくる女性が多いので、相手の望み通りにしましょう。例えば、女性が「生は無理」と言っているのにコンドームをつけないでやろうとすると、嫌がります。また、女性の住まいの近くで会おうとすると、それも嫌がります。

出来るだけ女性の望み通り対応すれば、2回目があるかもしれません。相性が良いと、うまくいけば次回もっと安い値段でヤレる可能性もありますよ。

ただ、なにもかも条件をのむ必要はありません。例えば3万円を要求してきて、さらにホテル代は別となると明らかに割高。

もっと安い値段で援助交際を望んでいる女性もいるので、その女性にこだわる必要はないでしょう。かえって良いカモだと思われ、変に高額で誘われてしまう可能性があります。

他の女性とやり取りしていることは隠す

援交女を探しているときは、当然、たくさんの女性と並行してメッセージのやりとりをしています。

しかし、援交で失敗しやすいのは、何人もの女性に手を出しているなとバレた時なのです。

例えば女性が、

「なんでこの人はいつもログイン時間が5分以内なんだろう。たぶんわたしとやり取りしている以外にも、他の女性とやり取りしているんだろうな」

などと思うと、興ざめしてしまいます。

他にも掲示板に常に書きこみがあったりすると、やり取りしている女性にバレる可能性があります。

「わたし以外の人ともやり取りしているみたいなので、別にわたしじゃなくてもいいですよね?」などと女性がメールしてくることも考えられます。

できるだけ女性にバレないように、サイトでの派手な行動は控えましょう。

それが心配なら、「LINEやメールなどのやり取りに移行してサイトでのやり取りはそろそろ止めない?」などと伝えるのも効果的です。

複数の女性と同時にやりとりしていると、間違えて違う女性に送るはずだった文章を書いて送ってしまうこともあります。そうなると完全に空気が悪くなり、その後のやり取りが断絶してしまうこともあります。

援交の金額をケチらない

援交の時に金額をケチると、

  • 「ケチな男性だな」
  • 「器が小さい」
  • 「お金を持っていない」
  • 「たいした男じゃない」

などネガティブな印象が付きまといます。

例えば、

「ホテル代込みで5000円安くしてくれない?」
「今日はフェラチオまででいいから、その分安くして!」

などというと、ダサすぎますよね。

援交をするくらいなら、ある程度支払う覚悟を持っておく必要があります。

一般的に、援交の相場は2万円から3万円ぐらいです。例えば、「1万円でお願い!」などと言うと、その男性にこだわる必要はないと女性は思いますから、高い確率で断られます。

本番行為までいかなければ安い値段で承諾してくれる女性もいますが、1万以下を下回ることはまずないでしょう。値段交渉まで話が進んでいれば、「エッチはOK!」という感覚になっていますので、そこまでいって取り逃がすのはもったいないです。

安く交渉したいなら、とりあえず一発ヤった後です。あなたが安全で清潔な男性であると相手にわからせることができたら、必ずもっと安い金額でもセックスをさせてくれるようになるはずです。

メールでアポをとることに成功したら、次はコチラの記事を読んでみてください。

援助交際をするときの注意点まとめ

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-02 プロフィール・掲示板

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」 , 2018 All Rights Reserved.