絶対安全に援助交際を楽しむ方法!完全に合法で未成年とセックスできる、その驚きの抜け道とは?初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています

援助交際の出会い「エンコーネット」

00 援助交際のこころがまえ

援助交際から恋愛関係へ

更新日:

援助交際から恋愛関係へ永井荷風に言わせると、女には貞女と娼婦しかいないそうです。

しかも、その違いなどわずかなもので、いっけん貞女に見えても、中身は娼婦と変らない女などごまんといて、逆に娼婦の中に貞女もいるんだそうです。

援助交際であれ、男女関係です。とっかかりの関係に、金銭が絡むだけです。お金を取っているからといって、根っからの娼婦かといえば、そうとは限らないと考えるのは、荷風だけの話ではありません。

援助交際で、女を買ったことのある人なら、一度ならずそうした感覚を味わっているのではないでしょうか。

援助交際のメリット

ストリートナンパは瞬間で成立することもあります。目と目が合って瞬時に恋に落ちることも男女間ではあります。時間にして数秒です。

通常の出会い系は逆に、時間がかかるのが特徴です。だから出会い系はやっていられないという方も多くいると思います。

かといってストリートナンパをする勇気はないし、下手をすれば迷惑防止条例で警察のお世話になりかねない世知辛い世の中なので、まちで見かけた女に声は掛けにくい。

そういう方にお勧めしたいのが援交なわけです。金銭を絡ませる最大のメリットは、いたって話が早いことです。メール交換から即行15分で会えることもあります。

ネット上には援交女が大量にいます。まさに一触即発、目と目ならぬ、文字と文字が交わるだけで会うことが出来ます。

そこから恋愛関係に進展することもあります。それが出会い系サイトです!

援助交際のような関係を望んでいる女

援助交際と口にしないのに、実質的には援助交際のような関係を望んでいる女性は多いです。

やっぱりお金を欲しいと思っている女性は多いんです、世の中。

お金を払わずセックスだけさせてくれれば、男としては理想的な関係ですね。

しかしセフレを望んでいる女性は残念ながらそんなにいません。

何かしら恩恵があって、その代わりとしてセックスするのは受け入れようと考えている女性の方が多いです。

女性にとっての恩恵とは、

  • お金をくれること
  • 物をくれること
  • 食事をおごってくれること
  • 家に泊めてくれること

などです。

これらをうまく提供することによって、セックスできるチャンスも高まっていきます。

ただ当然のことながら自分の欲望と相手の欲求をうまく合わせることが大切。例えば家に泊めてあげたり、ご飯をおごってあげるだけでもヤレる女はいます。

特にお金の交渉をしてこない女性の場合は、いきなり3万円とか払う必要はないです。まずは食事に連れて行ったりして、その流れで家に来てもらえるか試してみましょう。

ここで反応が良ければ特にお金を渡す必要なく、セックスまでたどり着ける可能性があります。

男性が試す順番は、

  1. 食事をおごること
  2. 物を買ってあげること
  3. お金を払ってあげること
  4. 家に泊めてあげること

の順番です。

ご飯をおごってあげたり、物を買ってあげた場合、援交として支払うお金は相場より安くても大丈夫なケースがあります。

援交は条件にもよりますが、高くて30,000円程度、うまくいけば15,000円から20,000円位です。

いろいろと援助してあげて最終的にお金を払うケースになったら、「いつでもサポートしてあげるよ」などと伝えて、その回は1万円程度でセックス出来るチャンスがあります。

やりとりで食いつきが良いか確かめる

お金の欲しい女性とそこまで執着がない女性では、やり取りの中でその違いを見抜くことができます。「援助交際を希望する少女の見極め方」もあわせてごらんください。

まずお金を心底欲しいと思っている女性のプロフィールは、下記のような文言があります。

  • 年上の優しい方
  • 経済的に余裕のある方
  • サポートしてくれる方
  • 助けてくれる方

上記のように「援交してください」とは書かないものの、「お金がある人、相手をしてください」といったニュアンスのプロフィールが目立ちます。

そしてお金に執着はないけど、出来れば奢ってもらったり、お金をくれたらうれしいなと思っている女性のプロフィールはこんな感じです。

  • 年上が好きです
  • 安定した仕事の方が好きです
  • 年齢は自分の父親位でも全然ありです

このようにお金の請求をするような書きこみこそないものの、経済的に裕福と思われる人をターゲットとした書きこみが目立ちます。

そして実際にメールのやりとりが始まったら、その内容でもお金を望んでいるのかを見極めることができます。ありがちな文章として、よく使ってくるのが下記のような内容です。

「もしよかったらどっかご飯とか連れて行ってもらいたいな!」
「どこか楽しいところに連れて行って欲しい!」
「あんまりお金がなくて金欠気味です……」

こういった文章を送ってきたら、「お金を出してほしい」という意味合いが強いです。

「どこかに連れて行って欲しい」という言葉の意味は、「男性が連れて行ったのにわざわざ女性にお金を出させるなんてありえない」と、男性に思わせるためです。

例えば2人で行く場所を決めた場合は、割り勘になってしまう可能性があります。

しかし男性がレストランに連れて行った場合、男性の意思で連れてきたので女性に払わせるのはちょっと気が引けると思う男性も多いです。

このようにメッセージの中に女性心理が含まれています。

そして実際にお金が欲しい女を釣り上げるには

今まではお金が欲しいと考えている女性の心理面を紹介しました。

そして実際にこういった女性に出くわした場合、どのように対処するのが良いかというと、「ちょっと大きいことを言って、お金があるという空気をプンプン匂わせること」です。

ひょっとしたらあなた以外の男性にもメールを送っていて、複数名候補が入るかもしれません。そうなるとできるだけお金を持っていそうな男性にターゲットを絞り込みます。

あなたが、「自分は普通の社会人だからそんなにお金もなくて給料日前だと結構きついんだよね」、なんて言っちゃうと、途端にメールが途絶えてしまいます。

ちょっとオーバーでもいいので、「今度レストランでいいとこ連れて行ってあげるよ!」などと期待感を煽るようなメールを送りましょう。

「お金も多少援助してあげるよ!」と具体的に伝えると、さらに反応も良くなります。もし曖昧な表現で反応が悪かった場合は、具体的に金額を伝えるのもありです。

職業も結局相手にはわからないことなので、ちょっとよさげな印象を与える伝え方がベストです。

例えば事務のようなちょっと地味な仕事をしていたとしても、「デスクワークでインターネット関連の仕事をしています」なんて言っちゃったほうが反応も良いです。

とにかく、「この人は高いスキルを持った人なのかもしれない」と思わせるぐらいの会話が理想です。

恋愛関係に進展しない援デリ業者だけは避ける

援デリ業者は言ってみればネット上の売春宿みたいなものです。ならば、そこにいるのは紛れもなく娼婦みたいなものですから、荷風先生の見立てに従って、中身は貞女という理屈も成り立ちそうなものです。

ところが、ネット上の売春宿は、街の中にあるそれと違い、街に立つことさえ出来ないレベルの女が紛れ込んでいる危険性が高いのです。

路面店では、それなりの女を探して来なければ商売できませんから、面接のハードルも商売が可能かどうかで設定されています。

ネット上の売春宿である援デリ業者は、到底商売の出来ない愛想のまるでない女ですとか、果ては頭がいかれている女まで、逆にどうやってこんなひどいのを見つけてきたのか聞きたくなるレベルの女ばかり抱えている感さえあるんです。

愛想はともかく、頭がおかしいと、恋愛は出来ませんから、援デリ業者を通じて知り合った女とラブラブ関係になることは100パーセントありません。

業者との恋愛を指南しているサイトもあるようですが、援デリからの恋愛だけは間違ってもありませんから、最初から援デリだけは排除してください。

【援交の敵】援デリ業者対策と悪徳出会い系業者の対策

世の中にはお金を払う恋愛もある

荷風の代表作、「濹東綺譚」はほぼ実体験に基づく連載小説であったといわれています。

それによりますと、荷風先生とヒロインである娼婦との出会いは、急な夕立で女が傘に入って来たことから始まるのですが、女の勤める店に上がるとすぐ、荷風先生はたばこ銭を要求されています。

女にすれば急な雨で困っているとき、通りかかった荷風先生の傘に入ったわけですから、荷風先生は恩人になるわけですが、同時にお店に上げた以上は客以外の何物でもなくなるわけです。

そして荷風は、小銭を女に渡した手でそのまま身体を引き寄せ、何事かを耳元で囁くと、即座に男と女の関係に入って行きます。

その後は足繁く女の店に通い、ついには女から求婚されるに至るのに要した期間は3ヶ月程度です。

その間も荷風先生は客として、料金を払い、さらにはプレゼントまでしているんですね。

つまり、最初にお金を要求され、その後も代価を払い続けても、恋愛関係は成り立つということです。援助交際も何も変りません。きっかけが出会い系サイトの掲示板であったというだけのことです。

援助交際からお金を受け取らない関係へ

荷風先生と色街で知り合った娼婦との関係がそうであるように、お金の関係から入って、いずれそうでなくなるときが来ます。

娼婦は求婚という形でそうした関係から、本物の恋愛関係に移りたかった訳ですね。ちなみに荷風先生はある考えから、それを断る、つまり別れるのですが、それに際しては非常に悩んだことと推察されます。

それが稀代の名作を生んだともいえる訳ですから、如何にその時に悩み苦しんだかが想像されます。

荷風先生の場合、お金の関係から一気に結婚話まで行ってしまったわけですが、そこまで行かなくても、援助交際で始まった関係でありながら、「○○さんからお金は受け取れない」といわれたりすることは、それほど珍しいことではありません。

爾来、女というのはそう言うものですね。何かのことで、援助交際を始めたとしても、何かのことで、お金を受け取れなくなる時が来たりします。

援助交際で女を買う際、こうした事例を頭の中に入れて置くのと、ないのとでは、対応の仕方も変ると思います。その対応が、「お金は受け取れない」という言質に結びつくのかもしれませんね。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-00 援助交際のこころがまえ

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」 , 2018 All Rights Reserved.