09 援助交際をとりまく法律 16 援助交際ニュース

援助交際関連ニュースまとめ【逮捕・サイバー補導・援デリ・児童買春】

投稿日:2019年5月11日 更新日:

援助交際関連ニュースまとめ【逮捕・サイバー補導・援デリ・児童買春】援助交際ばかりしていると、援助交際で逮捕なんていうニュースにとっても敏感になるものです。

昨日も、渋谷で19歳の女子大生と援助交際を楽しんで帰ってきたら、ニュースで渋谷の男性会社員が援助交際で逮捕されているのを見てビクッとしてしまいました。

18歳以上の女の子との援助交際は絶対に逮捕されないんだから、逮捕の心配なんてまったくないんだけど、それでも心配になっちゃうものなんですよね。

関連記事→援助交際に関する法律のまとめ【逮捕の理由と絶対に逮捕されない方法】

とまあ、そんなモヤモヤがあったので、最近の援助交際逮捕関連のニュースをまとめてみました。いろいろな事例をお楽しみください。

女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、港南署は児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、 いずれもネパール国籍の静岡市葵区音羽町、自称アルバイト、バンダリ・ラメシュ容疑者(33)と 同区駒形通、自称会社役員、ダンゴル・レサム・クマル容疑者(32)を逮捕した。

ラメシュ容疑者は容疑を認め、クマル容疑者は「高校生とは知っていたが年齢ははっきり分からない」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は、平成28年5月8日午後5時55分ごろから同7時40分ごろまでの間、 共謀して高校3年の女子生徒(17)=同区=に現金1万5千円を渡し、同市清水区内のホテルの一室でみだらな行為をしたとしている。

同署によると、昨年8月に女子生徒が「SNS(会員制交流サイト)で知り合った人に会いに来たが帰り道が分からない」と 道を尋ねるため同署を訪れた際、同署員に「援助交際をした」という趣旨の話をしたことなどから事件が発覚したという。

http://www.sankei.com/region/news/171108/rgn1711080046-n1.html

なにやらすごい事件です。

まず、ネパール人2人と女子校生1人っていうのは、3Pしたっていうことでしょうか? ネパール人2人と3Pって、その女子校生はなかなかの勇気ですね。

しかも、3Pで1万5千円! 安い!

さらに発覚理由が、「女の子が道を尋ねるために警察署に行って援助交際をしたと言ったこと」ってどういうことなんでしょうか。

これは、十分なお金がもらえなかったとか、3Pとは聞いてなかったとか、そういうたぐいの話なのかなあ。

しかもこれ、1年半も前の事件なんです。どうしてこんなに長い間泳がせていたんでしょうか。その間ずっと捜査しているとは思えないし。

18歳未満の少女に現金を渡して淫らな行為をしたなどとして、大阪府警少年課は27日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春、製造)の疑いで、東京都豊島区西池袋、無職、山口貴士被告(49)=同法違反罪で起訴=を再逮捕したと発表した。「女子中学生や女子高校生に性的興奮を覚えた」と容疑を認めている。

同課によると、山口容疑者は「30歳ごろから130人以上と援助交際をした。18歳未満も30人以上いた」などと供述。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などを通じて知り合った少女らと買春を繰り返していたとみられる。押収したパソコンには、自身で撮影したとみられる少女らの裸の画像や動画が約1100点あり、女性の年齢別にフォルダを分けていた。「自分で使うために保存していた」と説明しているという。

再逮捕容疑は今年3月5日、熊本県内のホテルで、当時中学3年だった少女(16)に現金10万円を支払って淫らな行為をした上、その様子を写真や動画で撮影したとしている。

今年2月、府警が別事件の捜査で事情を聴いた別の少女(17)の話などから発覚。8月にこの少女と18歳の少女2人を買春した容疑で逮捕していた。

http://www.sankei.com/west/news/170927/wst1709270066-n1.html

130人と援助交際ですか。18歳以上だけに手を出しておけばよかったものを……。

わたしも130人くらいは援助交際をしていますが、18歳未満には手をだしたことはありませんよ……。たぶん……。

「府警が別事件の捜査で事情を聴いた別の少女(17)の話などから発覚」っていうことだから、芋づる式ってやつですね。130人と援助交際していたら、芋づるもそうとう長いんでしょう。

関連記事→ぜったい安全に女子高生とセックスする方法

それにしても16歳だからって10万は高すぎる。わたしは普段、安い女が見つかるまではひたすら出会い系サイトで探しますけどねー。出会い系サイトのポイントを支払ってもそのほうが結局総額で安くなるし。

1万円札偽造、援助交際の少女に渡した疑い 僧侶逮捕へ

「援助交際」の謝礼に自作の偽造1万円札を手渡したとして、愛知県警は岐阜県大垣市の20代の僧侶の男を通貨偽造・同行使の疑いで逮捕する方針を固めた。  捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、26日にも逮捕する。

捜査関係者によると、僧侶は昨年、自身が勤める大垣市内の寺のプリンターで、1万円札を偽造。  インターネットなどを通じて知り合った名古屋市内の18歳未満の少女に対し、岐阜市内のホテルで今年3月、この偽札を手渡した疑いが持たれている。

僧侶は少女との「援助交際」の見返りに、現金数万円を渡す約束をしていたという。  偽造紙幣を受け取った少女が名古屋市中村区内で使おうとしたが使えず、不審に思った少女の知人が県警に連絡して発覚した。

大手コピー機メーカーなどによると、コピー機やプリンターの大半は偽造防止機能があるため紙幣のコピーはできないが、今回は防止機能のない機器が使われたとみられるという。

朝日新聞DIGITAL 2016年10月26日14時00分
http://www.asahi.com/articles/ASJBT56DSJBTOIPE016.html

こりゃすごい! 偽札を援助交際に使うと。援助交際で稼いだお金なんて人に言えないから、警察に言うこともないだろうって思っていたんでしょうね。しかし、「少女の知人が県警に連絡」てのが誤算でした。

しかも職業が僧侶。

僧侶・偽札・援助交際のフルコンボですな!

通貨偽造・通貨変造罪は、 無期または3年以上の懲役だからかなり罪が重いんですよね。

しかも18歳未満だから児童買春もおまけでついてきます。

こんな手のこんだことをするなら、支払いをばっくれちゃえばよかったのに。

手作り警察手帳見せ「ただで抱かせろ」 容疑の会社員逮捕 警視庁 2016.2.22 12:10

警察を装って「ただで抱かせろ」と持ちかけて少女にわいせつな行為をしたとして、 警視庁少年育成課は児童福祉法違反(自己淫行)容疑で、東京都新宿区上落合の会社員、 松下八土史(かずとし)容疑者(28)を逮捕した。容疑を認め、「金がもったいなかった」と話している。

逮捕容疑は昨年1月30日、同区歌舞伎町のホテルで、当時17歳で高校2年の女子生徒に 新宿署の警察官を名乗りながら手作りの偽の警察手帳を提示し、 「援助交際を見逃す代わりに、毎月ただで抱かせてもらう」などと話してわいせつな行為をしたとしている。

同課によると手作りの警察手帳は、インターネットで買った偽の警察のエンブレムを定期券入れに貼ったもの。 少女は「親に援助交際が見つかると思い、男の言うとおりにした」と話している。

2人は出会いアプリで知り合っていた。 松下容疑者の連絡がしつこかったため、少女が警視庁の相談窓口に通報し発覚した。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/160222/afr1602220015-n1.html

警察官だと嘘をついて女子校生をセックスをしたニュースです。

いろいろなことを考えてタダで援助交際をしようとする人がいるものですね。これだったら、ただたんにばっくれるほうがよっぽど危険が小さい。

警察官詐称はまだしも警察手帳偽造は罪が重そうだな。

そもそも、女の子のほうは援助交際をしても罪に問われないけど、男の方は18歳未満とセックスをしたら逮捕なんだから、追い詰めたら警察に行くに決まってるだろうに。

 女子高校生に男性客とみだらな行為をさせたとして、京都府警伏見署は12日、児童福祉法違反の疑いで、 東京都江東区の会社役員(23)を逮捕した。同署によると、調べに対し、容疑を認めている。2人は短文 投稿サイトのツイッターを通じた知人同士。容疑者は「京都に来てほしければ、 交通費を援助交際で稼げ」などと女子高生に指示していたという。

逮捕容疑は、平成26年9月1日~10月16日にかけ、京都市内の女子高校生(16)に出会い系サイトで 募った複数の男性客と、同市内のホテルで約10回、みだらな行為をさせたとしている。

同署によると、容疑者が女子高校生になりすましてインターネットの出会い系サイトに書き込み、 1回約2~3万円を男性客に要求。女子高生が男性客と会い、みだらな行為をしていた。

女子高校生と母親が10月下旬に同署に相談に訪れ、メールなどのやり取りから犯行が発覚した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150513-00000514-san-soci

これはTwitterで知りあって一度も会ったことがないのに、その男性に会いたいから女子校生が援助交際をしていたってことなんでしょうか。

としたら、その男性ってめちゃくちゃイケメンなのかなあ。それにしても、ネットでしか会ったことがない人に会うために、10回の援助交際をするって常軌を逸してる。

ところで、この女子校生って16歳だから、その客たちは全員逮捕されることになりますね。こういうときに、無限に芋づる式で逮捕できそうだけど、どうして18歳未満の援助交際ってなくならないんだろう?

「サイバー補導」439人=援助交際持ち掛ける-学校で書き込みも・警察庁

インターネット上で援助交際や下着売買を持ち掛けた少女らに、警察職員が身分を隠して接触する「サイバー補導」で、 2014年に18歳未満の子ども439人が補導されたことが12日、警察庁のまとめで分かった。 学校にいる時間帯に投稿した少女もいた。  439人は31都道府県警に補導され、少女が422人を占めた。 援助交際や淫行を持ち掛けたのが284人、 下着売買が150人、両方は5人いた。

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015031200229

これはいわゆる警察のおとり捜査ですね。男性客のふりをして少女たちにメールをし、補導をする、と。

439人が補導。このあと、この子たちのスマホは調べ上げられて、過去の援助交際履歴を確認されて、多くの男性の逮捕につながるんでしょうか。

こんなに警察がやっきになって援助交際の摘発を続けるのは、風俗店から客が減ると、風俗グループに多くの警察官が天下りしているからなんていう噂もありますけど、実際のところどうなんでしょう。

ちなみに、18歳未満の下着を買うことは条例で禁止されているので注意してください。

東京都青少年の健全な育成に関する条例
第十五条の二
1 何人も、青少年から着用済み下着等(青少年が一度着用した下着又は青少年のだ液若しくはふん尿をいい、青少年がこれらに該当すると称した下着、だ液又はふん尿を含む。以下この条において同じ。)を買い受け、売却の委託を受け、又は着用済み下着等の売却の相手方を青少年に紹介してはならない。
2 何人も、前項に規定する行為が行われることを知つて、その場所を提供してはならない。

逆に言えば18歳以上の下着だったらOKってことですね。

神奈川県警少年捜査課などは10日、茅ヶ崎市松林、自称金融業大井真吾容疑者(42)を 職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで逮捕した。

発表によると、大井容疑者は2013年2月、横浜市の少女(当時14歳)の連絡先を、 女性に性的サービスをさせる「援デリ」(援助交際デリバリー)のあっせんをしていた 大和市の男(35)に教え、雇い入れさせた疑い。少女は約1か月間勤務したという。 調べに対し、大井容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

同課は、関係者の証言などから、大井容疑者が援デリ組織のまとめ役だったとみて全容解明を進めている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150211-OYT1T50043.html

援デリ業者が14歳の少女を派遣したということです。

これがこわいのは、たとえばわたしたちも出会い系サイトで、「たまには援デリでもいいか……」なんて思って適当に呼んだら18歳未満の女の子が派遣されてくる可能性がゼロじゃないっていうことです。もちろんそれで「ラッキー♪」なんて思う人もいるかもしれませんが、わたしは怖くて手を出せません。それにもしも手を出していなかったとしても、それを証明する方法はないし、逮捕されないとも限りません。それに世の中にはどう見ても成人しているように見える女子校生なんて山ほどいます。援デリにだってたくさんいるでしょう。おそろしいおそろしい。

関連記事→援デリ業者の解説と援デリを見極める方法

少年たちが援助交際で誘い出した男に暴行を加えた事件で、県警少年捜査課と加須署は28日、傷害、恐喝などの疑いで加須市など に住む14~19歳の少年少女4人を再逮捕した。

再逮捕容疑は、8月16日夜、加須市内の公園に呼び出した県内に住む男性(23)に因縁をつけ、現金1万5千円を奪い、近くの駐車場 で腹を殴る暴行を加え、さらに男性がキャッシングで引き出した現金19万7千円を奪ったなどの疑い。男性は左膝に全治10日のけがを
負った。

同課によると、4人は地元の遊び仲間で、出会い系の掲示板などで援助交際を名目に男性たちを誘い出し、暴行を加えて現金を奪う 犯行を繰り返していた。

ソース(Yahoo・埼玉新聞) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00010000-saitama-l11

いわゆる美人局に近い事件ですね。出会い系で呼び出して金をむしり取る。

しかも被害男性のほうは、援助交際をしようとして呼び出されているから、警察にも行きにくい……。

こういうのは、

  • かならずカフェで待ち合わせる
  • 事前に30分以上カフェでお茶をする

ということを徹底すれば100パーセント防ぐことができます。それに援デリも防ぐことができます。そういう小さな手間をはぶこうとするから、こういうことになっちゃうんですね。

中3少女の唾液を自分の口に…2000円払い 33歳バス運転手を容疑で逮捕 兵庫県警兵庫県加古川市内に住む当時中学3年の少女に謝礼として2千円を支払い、自分の口へ唾液(だえき)を垂らさせたなどとして、兵庫県警飾磨署は3日、県青少年愛護条例違反容疑で、神戸市西区井吹台北町、山陽バス運転手、伊集院雅弘容疑者(33)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は2月23日午後6時50分~7時半ごろ、少女が18歳未満であることを知りながら、同県明石市二見町東二見のバスの休憩所に呼び出し、現金2千円を支払って自分の口に唾液を垂らさせるなどのみだらな行為したとしている。

伊集院容疑者は休憩所の畳の部屋であおむけに寝そべり、馬乗りの体勢になった少女に唾液を垂らさせていた。2人は出会い系アプリで知り合ったといい、飾磨署が余罪がないか調べている。

http://www.sankei.com/west/news/161003/wst1610030077-n1.html

その手があったか!と思わず関心してしまい、「馬乗りの体勢になったJCから直接自分の口に唾液をたらしてもらう」というシチュエーションには、羨ましいとしか思えません。しかもたった2000円で!

同じサービスが同じ値段で受けれるなら、僕もわたしも!と手を挙げる男性はとても多いことでしょう。しかし、残念ながらこれは違法行為として認定されてしまいました。

罪状は「県青少年愛護条例違反」とのことですから、援助交際で未成年を買ったときと同じ罪状です。どうせ捕まるならJCとセックスしておけばよかったのに……なんて余計なお世話なことを思ってしまいますね。

ここでのポイントは、ニュース記事にもあるように「少女が18歳未満であることを知りながら」と強調されている点です。18歳未満であることを知らなければ、あるいは18歳以上である、と嘘をつかれていた場合は違法行為とはならない可能性もあるのです。この点はあらためて、押さえておきたいですね。

しかし、なぜ唾液を垂らしてもらっただけで逮捕なのでしょうか?そこを疑問に感じた人は多いと思うのですが、実は驚くべき事実があったのです……。

なぜ唾液を垂らしてもらっただけで逮捕なのか?それは単純に、唾液の購入を禁止することが兵庫県の青少年保護育成条例にはきちんと盛り込まれていたのです。

兵庫県青少年愛護条例

(使用済み下着等の買受け等の禁止)
第21条の2 何人も、青少年から使用済み下着等(青少年が一度着用した下着又は青少年のだ液、ふん尿若しくは体毛をいい、青少年がこれらに該当すると称する物を含む。以下同じ。)を買い受け、若しく は使用済み下着等の売却の委託を受け、又は青少年に使用済み下着等の売却の相手方を紹介してはならない。

いやはや、なんとも今の時代の変態に適応した法律をつくっていたものです。これがもし昭和初期の時代につくられたものだったら、こうはいかなかったことでしょう。

いわゆる「ブルセラ」と呼ばれる使用済み下着の売買に関する条項の一部に唾液がきちんと含まれていたため、条例違反がしっかりと成立してしまったようです。

この「青少年保護育成条例」には47都道府県でそれぞれ微妙な違いがありますので、自分がお住いの地域の青少年保護育成条例はきちんと調べておいたほうがいいかもしれませんね。なお、わたしが住んでいる東京都ではしっかりと唾液の購入も禁止されていました(笑)

ちなみに、少し前に長野県には未成年とセックスをした際の罰則がないことで有名になりましたが、残念ながら今では法改正されてしっかりと罰則を受けるようになってしまいました……。

長野県「淫行条例」7月1日に成立へ 罰則規定の削除求める声も長野県で条例化の是非が論議となっていた青少年との性行為を処罰する「子どもを性被害から守るための条例案」は、県が6月定例県会に提案後、29日の委員会で「可決すべきもの」と決定。県会最終日となる7月1日の本会議で可決、成立の見通しとなりました。長野県は全国で唯一、罰則規定のある条例によらず自主的な県民運動で青少年対策に取り組んできましたが、阿部守一知事はじめ県側の条例化の意志は固く、反対論を押し切りました。長野県で50年余続いた「条例によらない県民運動」が幕を下ろす見通しになりました。

https://thepage.jp/detail/20160629-00000011-wordleaf

一時期は「エンコーするなら長野県!」のようなキャッチフレーズがまことしやかにささやかれていましたが、それも終わりを告げてしまいました。これで47都道府県すべてで未成年とのセックスは違法行為、と定められてしまったのですから、悲しいものですね。

もちろん、悪意のある犯罪者から弱者であるところの未成年を保護するという名目についてはわたしも異存はまったくありません。ただ、男女が知り合って相手がたまたま未成年だったというだけで、恋愛感情やそれに伴う行為についても無慈悲に違法とされてしまうのは如何なものか、と思ってしまいますね。

もっとも、毎週のようにエンコーしまくっているわたしが言っても説得力はないのでしょうが……(笑)

もう一つ、気になることがあります。それは「どうしてバレたのか」ということです。

よくあるケースとしては、少女が援助交際で得たお金を派手に使ってしまい、高価なブランドものの洋服やカバンが増えていることに不審感を抱いた親が少女を問い詰めた結果、援助交際をしていたことを白状してしまい、過去の連絡先などから「顧客リスト」を辿られてしまうケースです。

今回は2000円という少額でしたので当時はそこまで大金を稼いでいたとは考えにくいですが、4月から高校生になって行為がエスカレートし、セックス込みの援助交際で荒稼ぎをしてしまった、ということも考えられますね。

基本的に、援助交際をする少女は「ちょっと頭の足りない子」が多いです。ぶっちゃけ、基本的には馬鹿だと思っていてください。

そのため、こちらの個人情報は絶対に渡してはいけません。今回、捕まってしまった男性はあろうことかバス運転手でありながらバスの休憩所で唾液を垂らしてもらうという……自分の職場に連れ込むようなことをしてしまっていますから、これでは捕まってしまうのも無理はありません。

これが単なるサラリーマンで連絡先を教えずに、ただバスの休憩所で唾液を垂らしてもらっただけであれば、逮捕まで行き着いていなかった可能性は高いように思われます。

逮捕うんぬんを抜きにしても、馬鹿な未成年の女の子にこちらの個人情報を渡すのは単なるリスクでしかありません。こちらから教えるものはフリーメールかLINEのIDだけにしておきましょう。

電話番号や住所、本名、勤務先なんてのは絶対に教えてはいけません。それが賢く、楽しく、援助交際で遊ぶための基本です。

あ、もちろん未成年とわかっていながら唾液を購入したり、セックスをしたりするのは違法行為ですから、絶対にしないでくださいね?

国連の日本視察者が紹介した「女子高生の13%が援交」の真偽“国連の要人”から飛びだした「日本の女子生徒の13%が援助交際をしている」との発言が物議を醸している。

発言の主は、児童の性的搾取問題の専門家でオランダの法律家、マオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏。同氏は国連特別報告者として10月19日に来日し、東京や大阪、那覇などを訪れて児童の性的搾取状況を視察。滞在最終日の10月26日に都内会見で冒頭のデータを紹介した。

(中略)

ブキッキオ氏は性産業に従事する女子高生を支援する団体の関係者と面会した際に「13%」のデータを示されたようだ。反響の大きさを憂慮した同氏は11月2日に国連のサイトでこうコメントした。

「日本滞在期間中、JK(女子高生)ビジネスにまつわる非公式統計を受け取りました。しかし、わたしが対話をした多くの人々は未成年を性的に利用するこのビジネスに危機感を抱いていました。会見ではわたしが知り得た現象に対し、いち早く対応していただくために言及したのです」

民間団体が提示した「13%」は実態に即しているのかどうか。複数の女子高生支援団体に取材したが、「もっと多い」「ずっと少ない」と意見が割れた。

日本性教育協会で「青少年の性行動全国調査」に携わる羽渕一代・弘前大学准教授(社会情報学)は、この数字に首を傾げる。

「13%とは、実態を表わしていない、かなり盛った数字だと思います。わたしたちが2011年に実施した女子高生への調査では、『お金や物をもらったりあげたりしてセックスをすること』という質問に、『かまわない』が4.5%、『どちらかといえばかまわない』が4.8%となっています。実際に援助交際をしている数は不明ですが、近年は性交経験率も低下傾向です」

はたして、実際の数字はどれほどなのか──女子高生の実態は謎だらけだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20151109_362712.html

2015年11月、国連の日本視察者が驚くべき調査結果を発表しました。それは、日本のJK(女子高生)の13パーセントが援助交際をしている、というものです。

13パーセントといえば100人に13人ですよね。1学年に100人の女子高生を4クラスに分けたとしたら、1クラス25人。1クラスあたり3.25人の女子高生が援助交際をしているという計算になるわけですね。

これって多いのでしょうか? それとも少ない? そもそもどうやって調査したの? 根拠はあるの? いろいろと疑問がわきたつこの調査結果。

援助交際関連ニュースまとめ【逮捕・サイバー補導・援デリ・児童買春】

まとめると

  • 13パーセントというデータを算出したのはブキッキオ氏ではなく、JKビジネス被害者の支援団体の関係者が提示した数字
  • 統計は公式のものではなく、非公式なものでそのソースも明らかにされていない
  • 13パーセントという数字を受けて、専門家の間ではその数字は多すぎる、いや少なすぎる、と賛否両論
  • 2011年に実際に調査した際は金品と引き換えにセックスをすることに対して肯定的な意見が計9.3パーセントを占めた

といったところでしょうか。国連の要人が堂々と記者会見で具体的な数字を上げたのですから、よっぽどの根拠があるのかと思えばその根拠はかなりあやしくいい加減なものであったと言わざるを得ません。

このニュースが流れてからというもの、日本は売春国家である、といった風評被害を受けるのでないかという危惧から、日本政府が公式に抗議をすることとなりました。日本政府の顔であるところの管官房長官が直々に「わが国としては、到底受け入れられるものではなく、不適切・不適当だと考えています」と述べるなど、事態は大ごとになりつつありました。

しかし、それをうけてブキッキオ氏側から「13パーセントという数値を裏付ける公的な最近のデータはなく、誤解を招くものだった」との趣旨の書簡が日本政府に届いたことで、事実上の発言撤回。

菅官房長官は11日の記者会見で、「(日本の)女子学生の13%が『援助交際』を経験」と発言したオランダ人国連特別報告者のマオド・ド・ブーア・ブキッキオ氏が、発言を事実上撤回する考えを日本政府に伝えてきたことを明らかにした。

日本政府は「数値も情報源も不明確」と発言の撤回を求めていた。ブキッキオ氏が11日、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に「13%という数値を裏付ける公的かつ最近のデータはなく、誤解を招くものだった」と書簡で回答した。国連人権理事会に提出する報告書でも言及しないと説明があったという。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151111-OYT1T50150.html

援助交際13パーセント騒動はこれにて沈静化を迎えたわけですが……世界的にみて、今の日本の女子高生に対する性ビジネスというのが常軌を逸しているのは確かなことですし、変わりありません。

つまり、それだけ女子高生側が性を売り物にすることに対して抵抗感が薄いというわけですね。買う側であるわたしたちにとってはありがたいことこの上ない話ではありますが、日本という国家の先行きをみてどうなの? と言われたら、ウーン……とうなってしまうところではあります。

でもまあ、そんな政治的な問題はえらい人に任せればいいんです(笑)わたしたちはJKが好き!という素直な気持ちをもって、JKが求めているものとわたしたちが提供出来るものの交換を行っているだけなのです。まさに需要と供給のシンプルな関係ですからね。

そういう意味ではせっかく日本に生まれて日本で暮らしているのですから、この世界でも類を見ないリアルJKと援助交際が気軽にできるという環境を利用しないのはもったいなさの極みとも言えます。

もちろん、おおっぴらに出来ることではないことは重々承知のうえですが、だからこその魅力といいますか、背徳的なスパイスも味わえるのがまた魅力ですからね。今できることは今やっておきましょう!JKとの援助交際を楽しむなら、お堅いことは考えずにおちんちんを硬くしてればいいのですから!

埼玉県警越谷署は22日、県青少年健全育成条例違反などの疑いで1月26日に逮捕し、その後起訴され、署の留置施設で勾留中だった男(34)が死亡したと発表した。外傷はないといい、病死の可能性が高いとみているが、遺体を解剖して死因を詳しく調べる。

署によると、男は1月以降、12回にわたり体調不良を訴えていた。今月19日にも医師の診察を受けたが、異常は見つかっていなかったとしている。署は「留置管理は適切だった」としている。

今月21日午後9時半ごろ、男の同室者から「男が呼吸をしていない」と申し出があり、署員が119番した。男は布団の中に横たわった状態だった。搬送先の病院で死亡が確認された。

署内勾留中の男死亡、埼玉 体調不良12回訴えるも「異常なし」 - 産経ニュース

これは……前科どころか援交で命を落とすことになってしまいました。

ただ、これは警察が悪いんじゃなくて医者に問題がある気がしますねえ。死ぬかもしれない状態なのに「異常が見つからない」って言っているんだから。

千葉県我孫子市の女子中学生を誘拐したとして、県警我孫子署は25日、未成年者誘拐の疑いで、埼玉県所沢市の自称無職、伊藤翔太容疑者(22)を逮捕、千葉地検松戸支部に送検したと発表した。調べに対し、容疑を認めているという。

逮捕・送検容疑は、SNS(会員制交流サイト)の「ツイキャス」を通じて知り合った中学3年の女子生徒(14)を未成年と知りながら誘い出し、21~23日まで所沢市の自宅アパートに寝泊まりさせたとしている。

同署によると、女子生徒が帰らないことを心配した父親が22日に同署に行方不明届を提出。同署の捜索で女子生徒が埼玉県内のカラオケ店に伊藤容疑者とともに立ち寄るのを確認し、捜査員が伊藤容疑者の自宅で女子生徒を発見した。同署で詳しい経緯を調べている。

千葉の女子中学生を誘拐 埼玉の自称無職の男を逮捕 - 産経ニュース

ツイキャスで援交なんてのもあるんですねえ。とにかく年齢認証が必要ない出会いを利用しないことが大切です。

14歳だと合意のうえでも未成年者誘拐なんだからかなり大事になっています。

わたしも「家出少女は援交相手としてはコスパ最高」なんていう記事を書いたことがありますけど、18歳未満に手を出すのはやめてくださいね。

出会い系サイトで知り合った女子高生(当時16歳)に、お金を渡して、みだらな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反に問われた男性医師の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)は2018年11月14日、罰金50万円とした1審判決を破棄して、無罪判決を言い渡した(その後、検察官上告により、公訴棄却)。控訴審から担当した奥村徹弁護士に、逆転判決になったポイントを聞いた。

●女子高生は「21歳」と自称していた
判決などによると、この男性医師は2017年9月、沖縄県那覇市のラブホテルで、出会い系サイトで知り合った女子高生(当時16歳)が18歳未満であることを知りながら、お金を渡すと約束して、みだらな行為をした疑いが持たれた。

1審の沖縄簡裁で争点となったのは、男性医師が「18歳未満である」と認識していたかどうかだ。

出会い系サイトを登録する際、運転免許証などによる年齢確認がある。この女子高生は、成人している友人から免許証を借りて、その画像を加工して、サイトに登録。プロフィールも「20代前半」としていた。さらに、男性医師がホテルの部屋で、年齢をたずねたところ、女子高生は「21歳」と答えていた。

男性医師は、県警の取り調べに対して、当初「18歳未満と知らなかった」と供述して、容疑を否認していたが、その後の取り調べで、自白に転じた。男性医師は公判に入ってから、「否認していたために勾留され、経営する医院での診療ができなくなって多くの患者に迷惑をかけたことから、早期に釈放されるために虚偽の自白をした」と主張した。

1審の沖縄簡裁は今年4月、男性の取り調べ段階の自白は「十分に信用できる」としたうえで、女子高生の顔つきや体型、会話内容などから、「18歳未満である」可能性を十分に認識しながらあえて買春したという「未必の故意」で有罪とした。しかし、福岡高裁那覇支部は「自白の信用性を肯定するだけの積極的な根拠となる事情は見当たらない」として、「未必の故意も認められない」として、逆転無罪判決を言い渡した。

児童買春「18歳未満と知らず」逆転無罪 早期釈放を望み虚偽の自白も - ライブドアニュース

こちらは逆転無罪の件ですね。

でも、無罪であるってことがわかっても、援交をしていたってことは事実だしそれが報道されちゃってるんですよね。違法じゃないにしても、こういうリスクはごめんこうむりたいものです。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-09 援助交際をとりまく法律, 16 援助交際ニュース

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2019 All Rights Reserved.