09 援助交際をとりまく法律

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法

投稿日:2019年5月16日 更新日:

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法
ナカムラ
どもー。ナカムラです。

みなさん、女子高生とセックスしたいですよね。わたしはしたいです。セックスしまくりたいです。

わたしは実際、出会い系サイトで知り合って女子校生とセックスしたことがあります。

安全な女子高生(JK)とのセックス

JKを制服の上からなでまわしたあとにちょっとずつスカートをまくりあげてパンティーを凝視しつつ足の指を舐めながら「気持ち悪い」って罵られてからチンポをつっこんで精子をぶちまけたことがあるんです。

女子高生のハリのあるピチピチの肌を堪能してしまったあとには、どんなに美人の成人女性とセックスをしても物足りなく感じてしまいます。

そんなわけで本日は、「ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法」をまとめました。

ぜったい安全に女子高生とセックスする方法

青少年保護条例

女子高生(JK)と、援助交際をするうえで、もっとも大きな問題は青少年保護条例です。

女子高生とセックスをすると、青少年保護条例違反となります。東京の場合は、「東京都青少年の健全な育成に関する条例」というのが正式名称です。都道府県によって名称と罰則は変わってきます。

東京だと、2年以下の懲役または10万円以下の罰金。大阪や神奈川だと1年以上の懲役または50万円以下の罰金です。

前科があったり、あるいはたくさんの女子高生とセックスをしていたりしたことがバレたら、実刑をくらう可能性もあるでしょう。

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法

初犯なら略式で罰金でしょうが、職業によってはマスコミで名前が報じられてしまう可能性もあります。

本当に恋愛しているんだけど……

みなさまのなかには女子高生と「本当の恋愛関係」になっているかたもいるかもしれません。

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法

それに世の中には、奥様が女子高生だったころから付き合っている夫婦がたくさんいます。そもそも女性は16歳の女子高生でも結婚できるわけです。

だから、

  • ほんとうに恋愛しているなら
  • 結婚の約束をしているなら
  • 相思相愛なら

条例違反を免れる可能性があると考えるかもしれません。

しかし結局、女子高生の両親から訴えられたら、かなり高い確率で有罪になってしまいます。

そもそも、恋愛であることを裁判で証明しなければなりません。

そもそも、そのまえにすでに逮捕拘留されたら、後にているわけですから、社会的制裁は大きなものとなります。

具体的に何がきっかけでバレるのか実例を紹介

出会い系サイトなどを通じて逮捕者が出るニュースが時折報じられますね。でも実際何がきっかけで逮捕につながったか、というところまで報道するケースは非常に少ないです。

例えば2017年の4月にニュースで報じられた東京都荒川区の事件。徳竹容疑者(37歳)が中学生相手に淫らな行為をしたとして、逮捕されました。

15歳の少女買春、容疑でアルバイトの37歳男逮捕 少女の妊娠で事件発覚

15歳の女子中学生に数万円の譲渡を持ちかけ、わいせつな行為をしたとして、警視庁西新井署は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、長野県山ノ内町のアルバイト、徳竹史(ふみと)容疑者(37)を逮捕した。調べに対し、容疑を一部否認している。

逮捕容疑は平成27年11月ごろ、東京都荒川区西日暮里のラブホテルで、当時中学3年で15歳だった少女に数万円を支払うと約束した上で、わいせつな行為をしたとしている。

西新井署によると、徳竹容疑者は、少女の短文投稿サイト「ツイッター」への書き込みを見て連絡。無料通信アプリのLINE(ライン)でのやりとりを繰り返した後に都内の駅で待ち合わせてラブホテルに入った。

徳竹容疑者は長野県内の自宅で30代の妻と男女3人の子供と同居しており、事件当時は少女と会うために上京していたという。

捜査関係者によると、昨年8月に少女の妊娠が発覚。少女はその後出産し、同11月に母親とともに同署に相談に訪れたことで事件が明らかになった。

15歳の少女買春、容疑でアルバイトの37歳男逮捕 少女の妊娠で事件発覚 - 産経ニュース

18歳未満の中学3年生ということを知りながら、現金数万円を渡して売春に及んだということが報じられました。

ちなみにこの2人は、Twitter を通じて知り合ったということです。

しかし、どうやってこの男性が身バレして逮捕されたのかは、詳しい事は報じられていません。あくまでも児童買春ポルノ禁止法違反ということで逮捕されたという情報のみ。

この事件に限らず、大体はどんなことが起こったかというだけで逮捕に至った要因まで伝えるケースはまずないです。では具体的にどんなことがきっかけで逮捕に至るのか紹介していきましょう。

児童の補導

児童の補導をきっかけに、援助交際が発覚するケースもあります。

繁華街で徘徊していた女子生徒が補導され、調査され、ツイッターのやり取りから援助交際が発覚なんてのがよくあるパターンです。

家出をしていたり、夜中に出かけるようなタイプの児童だと補導される可能性が高いです。ただ単に家に送るだけでなく、持ち物検査をする警察もいますので、そこから援助交際などが発覚することがあります。

個人情報保護法の観点もあるので、補導したからといって、いきなり持ち物やスマホのチェックをする警察官は少ないです。ただ、警察がマークしているような児童になると、こういった所持品調査も行われていることが明らかになりました。いわゆる不良タイプの児童の方が援助交際が発覚しやすいということでしょう。

いもづる式

他の男性がヘマをやらかして、少女のメールの履歴などからいもづる式に捕まっていくことも多い。

援交をしているときだけ注意していても意味がありません。あらゆる履歴を調べられてしまいます。

また、通信履歴は、少女のスマホだけを調べるのではありません。通信会社のログをさかのぼって調べるので、履歴を消したら安心というものでもありません。

通信会社の通話記録保存期間は法律で90日と決まっていますが、90日で削除すると確定しているわけではありません。

少女が警察に相談

援助交際をしようと考えている児童は、基本的に内緒にしようと考えている子ばかりです。

しかし時には、本人から通報する事例も報告されています。2016年には東京都練馬区のホテルでわいせつな行為をした男性のことを女子生徒が通報した、という事例があります。

なぜこの女子生徒が通報したかというと、「お金を受け取れなかった」のが理由。「自分まで悪いことをしている」という自覚がなかったのか、このように本人から通報する例もあります。

お金を渡すと言いつつ、結局性行為を行った後にそのまま逃げてしまう男性もいるようです。こういったときに逆上して、本人が警察に連絡する例が報告されています。

それ以外には、

  • 「やっぱり悪いことをしてしまった」
  • 「いつまでも内緒にしておけない」
  • 「親には相談できないから警察に相談した」
  • 「レイプまがいの事をされて精神的にダメージを受けてしまった」

という理由から、結局本人が通報することもあります。援助交際に慣れていない児童などは、終わった後にその事の重大さに気づき、平静さを取り戻し通報するケースがあります。

売春斡旋の被害者

少女が売春斡旋の被害者だった場合がありますね。

うしろに暴力団関係者がいて、そこから派遣されて売春したというケース。

売春斡旋で暴力団関係者が逮捕され、そこからたどって逮捕されちゃいます。

サイトに履歴が残っていた

例えばサイト上で援交を持ちかけるような内容が残っていると、そこをきっかけにサイバー警察が動き出し、書きこんだ人物を特定し、そこから捜査が始まって逮捕に至るというケースもあります。

会員専用サイトでも捜査が入ったら情報を開示しなければいけませんので、実質的には警察の目から逃れられないということになります。

とくに、Twitter を利用した援助交際の場合は、危険度が増します。Twitter は、出会い系サイトと違って、複数のアカウントを持つのが簡単だし、18歳未満でも利用できます。だから、警察のほうも、実は Twitter は、かなりきっちり捜査対象にしているんです。

その他にも、Twitter にはさまざまな危険があるので、援交にはオススメしません。

関連記事 >>> Twitterを利用した援助交際の危険性【裏アカ・裏垢】

親がきっかけ

自分の子供の行動を怪しんだ親が子供の携帯電話を確認して、援交らしき書きこみを見つけ、それを警察や児童相談所などに相談し、事件が発覚するというケースもあります。

援交をやるような少女は、すさんだ生活環境の場合が多いので親との関係が薄そうですが、こういう例はけっこう多い。

普段の生活で不審に思った親が子供の携帯電話を確認。その結果、援交していた事実を把握し、警察に相談しちゃうわけです。

一度だけの援助交際だとなかなか親も見つけることができませんが、複数回の援助交際をしている子供だと不審な点が出てきて、親にそれを見抜かれるということが多くなります。

例えば、

  • ありえないほどの高額を所有している
  • 高級ブランドの財布やバッグをいつの間にか持っている
  • 行く先も告げず、夜出かけることが増えた
  • 携帯をやたらと隠すようになった

といった不審点が出てきて、そこから発覚することがあります。

親が子供のことを心配している関係性が保たれていると、発覚する可能性があるということです。

しかし親が離婚していたり、遊んでばかりいるような親の場合は、子供のそういった変化に気づくことができず、援助交際が一切表沙汰にならないということがあります。

第三者経由による告発

当該者同士では秘密にしているつもりでも第三者を経由し、事件が発覚するケースがあります。

例えば未成年者が援交に関する話を不意に周りにしたら、それが回り回って先生や友達などに伝えられ、そこから事情聴取して事件が発覚するといったケースもあります。

援助交際をしている当人が不意にSNSなどでそのことを書きこみ、それを第三者が閲覧し、通報されるケースもあります。

現在警視庁ではインターネット上の違法行為や有害情報を集める「インターネットホットラインセンター」というものを設置しています。

そこに通報された情報をもとに捜査が行われることがあります。実際に児童ポルノ関連や猥褻物関連の検挙も数十件におよび、逮捕も報告されています。

学校や病院からの告発

援助交際をしたときに男性が中出しをして、それをきっかけに妊娠してしまう未成年者もいます。そうなると、そのことを誰にも言えずだんだんとお腹も大きくなってしまい、そのうち学校や病院に知れ渡り、そこから通報されるケースもあります。

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法

こういうふうに、当該者の申告ではなく、周りの状況によって事件が発覚するケースは目立ちますね。

サイバーパトロールで判明

最近はサイバーパトロールも強化されていて、サイト上の不適切な書きこみをきっかけに調査が進み逮捕にいたるケースもあります。

例えば、「援助交際をしました」という書きこみでなくても、買春を目的に児童を募集する書きこみがあっただけでも、調査対象となります。無数のサイトが世の中にありますが、サイバーパトロールの質も向上し、検挙率も上がってきているといわれています。

特にコミュニティー系のサイトの監視は強化されていると言われていますので、ちょっとした書きこみをきっかけに援助交際が発覚するケースもあります。

a7fc946df3158c00ca06d3313ee32c73_437

さらには近年では警察庁が「サイバー補導」を始めました。

サイバー補導とは、警察官がその身分を隠してネット上でやりとりをして、実際に少女と会い、そして注意・指導するという補導方法です。

静岡県では2009年にスタート。2013年4月に10都道府県が加わり、2013年10月からは全国でおこなわれています。

2014年の1~6月のあいだに220人を補導。やりとり内容は、援助交際が143人、下着の売買が75人、両方が2人だったそうです。

こんな捜査が日本で許されるのかはさておき、こういうことが始まっているのなら、これまで以上にわたしたちは少女との援交に気をつけなくてはなりません。若そうに見える女の子は全部放流。できれば年齢確認をしっかりとしてください。

サイバー補導は以下のように行われます。

7865ca17499d1874d4ff0077e4cfe9a1

1.サイバーパトロール

少女の援助交際を求めるなどのインターネット上の不適切な書きこみをサイバーパトロールによって発見

2.交信作業

メールのやりとり等により少女との交信作業を行う。

3.現場接触・補導

少女と接触して、直接注意・指導する。

しかし、いったいどんなやりとりを少女とおこなっているんでしょうか……。気になるところです。かなりリアルな内容じゃなければ少女も現場に来たりはしないでしょうからねぇ。

これは、おとり捜査じゃないかという批判もあります。

日本ではおとり捜査は禁止されていますが、最高裁の判例で、薬物事件に関して以下の様な判例が出ています。

おとり捜査は、捜査機関又はその依頼を受けた捜査協力者が、その身分や意図を相手方に秘して犯罪を実行するように働き掛け、相手方がこれに応じて犯罪の実行に出たところで現行犯逮捕等により検挙するものであるが、少なくとも、直接の被害者がいない薬物犯罪等の捜査において、通常の捜査方法のみでは当該犯罪の摘発が困難である場合に、機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象におとり捜査を行うことは、刑訴法197条1項に基づく任意捜査として許容されるものと解すべきである。

裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面

というわけで、この流れでサイバー補導も「許容」されたということなのでしょうかね。

逮捕される瞬間

女子高生(JK)とセックスして逮捕

実際に逮捕される瞬間ってのはどんな感じなんでしょう。

警察が、いきなり早朝に自宅にやってきてピンポンされます。一度でも逮捕されたことがある人は、このピンポンがトラウマになるそうです。

家宅捜索・逮捕・送検・拘留・罰金という流れですね。拘留は10~20日ですから、仕事も続けることは難しいでしょう。

こちらをどうぞ。

18歳未満のJKと援交セックスして逮捕された男性にインタビュー

では、どうやってJKとセックスすればいいのか?

さて、それではわたしたちはどうやってJKとセックスすればいいんでしょうか。

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法

実はコレはかんたんな話で、青少年保護条例で規制されているのは18歳未満の女性であるということです。

つまり、18歳以上の女子高生なら、合法的にセックスすることができるのです。

青少年保護条例では「青少年」と書かれています。「女子高生」という表記はどこにもありません。「青少年」とは18歳未満の者です。

だから、

  • 18歳の誕生日を過ぎた女子高生
  • 通信制の女子高生
  • 定時制の女子高生
  • 遊びまくって留年している女子高生
  • 高校入試で一浪した女子高生

などを狙えばいいんです。

それでも心配なら、18歳以上であることを発言したメールや音声を保存しておけば間違いありません。

「そんな女子高生はほとんどいないだろう」なんて思いますか?

たしかにすごく多いとはいえませんが、「普通の出会い系活動をしながら、いちおう女子高生も探しておく」というスタンスでいれば、それなりに合法女子高生がひっかかったりするのです。

女子高生だけを狙ってずーっと活動しているのは滅入りますけど、女子高生「」というスタンスなら、思ったよりずっと多くの女子高生が存在することに気づくと思いますよ。

わたしは、いわゆる割り切りで女子高生とセックスをしたことがあります。もちろん18歳以上で、年齢も確認したので、完全合法でリアル制服セックスを楽しみました。

もちろん援助交際ですが、はっきりいって、普通のセックスでは絶対得られないとんでもない快感を楽しむことが出来ました。

3月は現役女子高生(JK)とセックスできるチャンス

とくに3月はチャンスです。援助交際的には「ある意味もっともアツい時期」です。

3月といえば卒業シーズンであり、高校3年生(JK3)たちが非JKになってしまう悲しいタイミングという側面もあるのですが、同時にとても喜ばしいタイミングでもあるのです。

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法

なぜかと言えば、3月1日はJK3の91.6%と合法セックスを楽しめる日であり、3月15日には、95.8%ものJKと堂々とハメハメすることができます。

逆に4月2日はというと、JK3のわずか0.27%としか合法セックスを楽しむことが出来ない、とてもとても悲しい日なのです。

理由はおわかりですね? これらはJK3の中で18歳の誕生日を迎えた女の子の割合です。

当ブログでは何度もお伝えしておりますが、18歳未満とのセックスは違法であり、18歳以上とのセックスは合法です。

18歳未満でありながら18歳以上と偽っていた場合は状況次第では違法になってしまいますので、自身のためにも年齢確認はしっかりとしておきましょう。

援助交際がアツいシーズンとしては夏休みもありますが、この時期は非常に気をつかいます。なにしろ18歳を迎えているJKはまだまだ少数派ですからね。8月1日時点では33.3%ですから、3人のうち1人のJKとしか合法セックスを楽しむことが出来ません。

しかし、3月はどうでしょうか。12人のうち11人ものJKと合法セックスを楽しむことが出来るのです。これはもはやハズレを引くほうがよっぽど難しいといえるでしょう。

もちろんそれでも年齢確認はしていますが、この時期は学生証もあっさり見せてくれたりするんですよね。

なにしろ、もうすぐその学生証は紙くず同然の価値になってしまうのです。なぜなら、その学生証を発行してくれた学校からは卒業してしまうのですから。

学生証って8月の時点では警戒してなかなか見せてくれないんですよね。「え? むりむり! 学校バレとかしたらさいあくだし!」のような感じで断られることも多かったのですが、この時期ならサラッと見せてくれることも多いのです。

それから3月は制服セックスも可能です。ちょっとくらい汚れても「どうせもうすぐ使わなくなるし……」ということで、制服を着たままのセックスを許してくれるんです。現役JKとの制服セックスよりすばらしいセックスがこの世にあるでしょうか。

女子高生(JK)と騎乗位セックス

このように18歳のJKが最も多く、年齢確認もしやすい3月は「ある意味もっともアツい時期」だと思いませんか?

そして、そんなJKたちも4月を迎えてしまえば大学生や専門学生、あるいはフリーターや社会人だったりと、それぞれの道を歩むことになります。もう二度とJKには戻れないのです。

リアルなJKだった頃の最後のセックスを自分がいただくというのは、なかなかにスペシャルな優越感を味わえますよ。

その女の子も大学で恋愛して彼氏ができて、真っ昼間から安アパートでパコパコしっぱなしという青春を謳歌するかもしれません。

ぶっちゃけそれはそれで羨ましいのですが、その彼氏だって「リアルなJKだった頃の彼女」とセックスすることは絶対に不可能であり、わたしはそれを実現させているのです。

いつか彼氏と別れて、公務員の男性と結婚するかもしれません。その公務員だって同じことです。いくら幸せな家庭を築いて、子供を立派に育てあげたとしても、JKだった頃の彼女と最後にセックスしたのはわたしなのです。

我ながらなかなか偏屈だとは思いますが、それでも男としてのステータスというか、自信になるんですよね。これは実際にやったことがないとわからない感覚かもしれません。

少し話がそれますが、筋トレを趣味としている人がこんなことを言っていたそうです。

「体を鍛えておくと、上司や取引先に理不尽な扱いをされたとしても、いざとなれば俺はお前を力づくでひねり殺せるというな謎の全能感を味わえてストレスがなくなる」

感覚としてはこれに近いかもしれませんね。リアルJKとのセックスを経験していると、どんな男に対してもある程度のマウンティングをとれている気になれるのです。

ぜったい安全に女子高生(JK)とセックスする方法
偉そうなこと言ってるけど、お前はリアルJKの肌のハリや、締まりもニオイもキツいJKオマンコの味を知らないんだろう?

と、優越感を味わえるのです。

このおかげで、わたしは援助交際をはじめてから仕事で受けるストレスはだいぶ減りました。今となっては、些細な事はあまり気にならなくなりましたしね。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-09 援助交際をとりまく法律

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2019 All Rights Reserved.