初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

10 安全な援助交際

援交セックスを楽しみながら性病にならない方法

更新日:

援交セックスを楽しみながら性病にならない方法

援交セックスを楽しみながら性病にならない方法
ナカムラ
どもー。ナカムラです。

あいかわらず、出会い系サイトで援交を繰り返して、かわいい少女たちと、援交セックスを楽しんでいます。

さて、わたしはこれまで、100人以上と援交セックスを楽しんできたのに、1度も性病になった事はありません。

現代では、女子高生にさえ性病がまん延しているらしいのに、わたしは一度も性病になっていないのです。

日本性教育協会(JASE)によれば、女子高生のうち13.1パーセントがクラミジアになっていて、さらにパートナーが5人以上いる女子高生は32.7パーセントがクラミジアなんだそうです。こわ。

参考 >>> 現代性教育研究ジャーナル_No.16

そんなわけで、本日は、援交少女との援交セックスを楽しみながら、性病にならない方法をお話させていただきます。

ぜひみなさん、性病に気をつけてたのしい援交セックスライフをお楽しみください。

援交セックスを楽しみながら、性病にならない方法

コンドームを使用する

まぁ当たり前の話ですが、コンドームを使用すれば、性病にかかる確率は格段に下がります。

「生でいいよ……」

と言われても、わたしの場合は、

援交セックスを楽しみながら性病にならない方法
ナカムラ
性病になるリスクをリスクがあっても生本番したいほどのレベルの女なのか?

ということを自問します。

マンコに生チンポ入れたいけど性病がこわいよ~ん。

例えば石原さとみクラスの美少女だったら、性病になるリスクを犯してでも、生本番をしたいですよね。それだけのリスクをかける価値があります。というか、石原さとみと生本番できるなら、10パーセントくらいの確率で死んでもいいです。10回セックスしたら死ぬってこと? やっぱり5パーセントくらいかな……。

しかしたいして可愛くもない、普通の女の場合は、はっきりって性病になるリスクをとってまで、生本番したいとは思わないんですよね。

この辺のリスクの取りかたは、個人差はあるでしょうが、性病になった時に、

援交セックスを楽しみながら性病にならない方法
ナカムラ
あんなブサイクに性病うつされるんだったら本番なんてするんじゃなかった……

と後悔するような事は避けたいですね。

ブサイクとは生本番しないと決めておけば、性病の確率は一気に下がります。それになんとなく、ブサイクの方が性病の確率が高い気がしませんか。ブサイクは病原菌みたいなもんです。逃げてください。

関連記事 >>> 出会い系の援交でモンスターと遭遇したら逃げるしかない【デブ・ブス・ブサイク】

セックスをする人数を減らす

当然ながら、100人と100回セックスをするよりも、10人と10回ずつセックスをする方が、性病の確率は下がります。

だから、気に入った女の子がいたら、同じ女の子と何度も援助交際をするようにしましょう。

そうすれば、1回あたりの援交金額も下げていけるし、最終的にはセフレになってタダマンが楽しめるかもしれません。

性病の確率が下がってタダマンの確率がが上がるなんて最高だと思いませんか。

また援助交際ではなく、月契約の愛人にするという方法もあります。愛人契約を結びたがる女の子は、他の男とも愛人契約を結びたがるものです。

愛人契約は、3人ぐらいの男と契約するのがいっぱいいっぱいでしょうから、不特定多数の男とセックスを繰り返している援交女よりは、愛人契約をした女の方が性病になるリスクが低いのはいうまでもありません。

援助交際で気に入った相手を愛人にしてしまう方法

プレイ内容による、性病の感染率を把握する

こちらはプレイ内容によるHIVの感染確率です。

  • 生本番(女性) 0.1パーセント
  • アナルセックス(男側) 0.067パーセント
  • 生本番(男性) 0.05パーセント
  • フェラチオ(女性) 0.01パーセント
  • フェラチオ(男性) 0.005パーセント

このようにプレイ内容によって性病に感染する確率は変わってくるものです。例えば10,000円で手コキ、30,000円で生本番。金額と満足度を考えるとどっちでもだいたい同じくらいだなと考えているのなら、手コキにしておけば、性病にかかる確率はゼロです。

ブサイクに当たってしまって、本番30,000円とかふざけたことをいわれたら、安く手コキしてくれるか交渉してみましょう。値段と満足度そして性病の感染率を全て天秤にかけて、その時に最も満足度が高いプレイを選択していくことが大切です。

自分の体の状態と相談をしてプレイをする

例えば口の中に傷があったりちんぽに傷が付いていたりしたら、性病の確率は一気に高まります。そういうときは援交セックスをしないようにしましょう。

また風邪気味だったり、体調が悪いときには、体の抵抗力が弱っていて、性病の感染率は高くなるものです。そういう時は、家でじっくり静養するようにしてください。

また当然ですが、ひどく咳をしていたり熱があったりする女とのセックスも控えた方が良いでしょう。そういう女に風邪でもされたらたまったもんじゃありません。風邪をひいたら援交を楽しむことができなくなります。

もちろん、どうしてもやりたい石原さとみのような絶世の美女がいたら、何も考えずに本番しまくりましょう。

お互いを清潔にする

相手が許してくれたからといって、シャワーも浴びずにセックスをするのはやめてください。

かならずお互いが体を綺麗に洗って、できればイソジンでうがいをしてからプレイをするといいですね。

一緒にシャワーを浴びて自分がイソジンでうがいをすれば、その流れで援交女にもうがいをさせることができます。

イソジンで性病を完全に予防することはできませんが、少なくとも口内の最近を減らすことはでき、確実に性病の確率は下がります。

「ちゃんとイソジンでうがいをするね」と言えば、女の子のほうからも安心できる人と思ってもらえるかもしれません。

また、セックスのあとにも、

  • 体をきちんと洗う
  • イソジンでうがいをする

といったことを徹底するようにしましょう。

性病検査をする

ちょっとでもおかしいなと思ったらすぐに性病検査をした方が良いでしょう。性病に感染しちゃったら仕方ないなんて思っていませんか。実は、性病に感染していると、他の性病に感染する確率が一気に上がるのです。特に、性病に感染していると、HIVに感染する確率が格段に上昇します。

性病の検査は、自宅ですることもできます。

下記のような性病検査キットが Amazon で販売されています。

援交セックスを楽しみながら性病にならない方法

Amazon | 性病検査キット6項目 男性用 | 株式会社GME | 性感染症検査

援交を安心して楽しみたいなら、定期的な性病検査をするようにしましょう。

また、自治体によっては、匿名で無料で性病検査を受けることができる場所もあります。各自治体のホームページに載っているので、確認してみてください。

性病の主な症状

性病のおもな症状もまとめておきます。このような症状が出たらすみやかに性病検査をうけてください。

  • クラミジア : 透明な膿が出る・自覚症状がないこともある
  • 淋病 : 白い膿が出る・おしっこのとき痛い
  • 非淋病性尿道炎 : 黄色い膿が出る・おしっこのとき痛い
  • 梅毒 : チンポにしこりができる。そこから膿が出る
  • 尖圭コンジローマ : ちんぽにしこりができる
  • ヘルペス : チンポに赤いプツプツが出る
  • カンジダ : チンポが痒くなる

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-10 安全な援助交際

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2018 All Rights Reserved.