初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

12 援助交際ターゲット

援交女ではなくパパ活女を狙うメリット

更新日:

援交女ではなくパパ活女を狙うメリット

パパ活」という言葉をご存知ですか?

「パパ活動」の略だそうで、意味としては「セックスをせずに金銭的援助をしてくれるあしながおじさんのような男性(パパ)を探す活動」とされ、出会い系やSNSを中心にブームになっています。

実際に、Twitter でパパ活を検索すれば大量にパパ活女子が出てきますし、出会い系サイトにもパパ活女子が大量に出没中です。

Twitter #パパ活

肉体関係はナシです。スキンシップ程度ならあるかもしれませんが、セックスはNGなのが基本です。

具体的にどのような関係かといえば……

女性であれば「パパとデートをしてお金をもらうこと」を目的としているようです。

いっぽうの男性といえば「若い女の子とのデートを楽しむこと」が目的とされています。

ん? これって随分とアンバランスというか、女性側がお得すぎなのでは? と思うかもしれませんが、一概にそうともいえません。

なにしろパパ活が成り立つような女性は、かわいい女性でなければいけません。それもちょっとやそっとではなく、むちゃくちゃかわいい女性であることが必須条件です。

つまり、援交女よりもパパ活女のほうが平均的なルックスレベルが高いという傾向があるのです。

その他にも、パパ活女にはさまざまなメリットが存在します。

援交女ではなくパパ活女を狙うメリット

パパ活女の中には、カワイイだけではなく教養を感じさせる女性もいる

ごくごく一般的な女性であれば、10,000円~20,000円を稼ごうと思ったらカラダを売るしかありません。援助交際の相場は15,000円ほどですからね。

しかし、パパ活をしている女性は、10,000円分の食事をおごってもらったり、20,000円分のプレゼントをポンと買ってもらえたりするのです。ただデートをするだけで、ですよ?

当然ながら、それだけの価値がその女性になければいけません。若さやルックスはもちろんのこと、教養やインテリジェンスを感じさせる会話なども必要でしょう。

ただ若いだけ、ただかわいいだけの女の子ではだめなのです。

そういうインテリ系の女とするセックスは最高です。

勘の良い方はすでにお気づきかもしれませんが、これって愛人契約そのものなんですよね。パパ活とは、セックスを必須としない愛人契約のようなものと思っていただければ、大体あっています。

愛人契約という言葉はちょっとエグいといいますか、生々しさを感じますからね。援助交際のことをサポートなんて表現するように、ちょっとカジュアルなイメージを吹き込んでみたのでしょう。

実際、そのイメージ戦略のおかげでパパ活はかなり認知されることになり、若い女性の間ではちょっとしたブームになっているんだとか。

セックスをしなくてもお金をもらえて、しかもおいしいご飯が食べられたり、高い洋服やバッグを買ってもらえたりとなったら、そりゃ食いつきますよね。

カジュアルなイメージのおかげで絶対に援交をしないような子がパパ活を始めている

いまやパパ活はテレビで特集されることもありますし、テレビドラマにもなっています。

援交女ではなくパパ活女を狙うメリット

ごく普通の女子大生・杏里(20)は、母親に恋人ができたことがきっかけで家から追い出されてしまう。

交際中の彼氏にも見放されて、ネットカフェを転々としながら大学に通う日々を送っていたが、あるとき、友人から「パパ活」の存在を聞く。

最初は消極的な杏里だったが、生活費を稼ぐために登録したパパ活サイトを通じて航(45)という男性と出会い、その日は彼が契約するマンションの一室で1人で眠ることに

パパ活 - FOD - フジテレビの動画配信サービス

また、パパ活を斡旋している業者がマンガを作って女の子を集めようとしている動きすらあるのです。マンガの流れとしては単純なもので「海外留学を目指している普通の女の子が、パパ活を通じて資金援助をしてもらって夢をかなえる」といった感じで、まさに夢物語とも言える内容です。

最近は風俗店の求人にこういったマンガを活用して、敷居を低く見せかける手口が見受けられますが、それとまったく同じですね。昔懐かしい、進研ゼミのチラシについてきたマンガのようなものです(笑)

しかし、この漫画を見て「よし、わたしもパパ活やってみよう!」と思う女の子が大勢いるのもまた事実。そんな女の子たちが出会い系に大量に進出しているのですから、ありがたいことですね。

そんなわけで、今までだったらぜったいに出会い系なんか使わなかったハイレベルな女性たちがパパ活をはじめているのです。

ただし、中には「お前、そのルックスとスタイルでタダメシとプレゼントを貰おうと思ってたのか!? AVならウンコ食わされてるレベルだぞ!」と説教したくなるようなブスがパパ活を募集していることもありますから、要注意です。

パパ活の相場は急落している

愛人契約といえば月に何十万円もかかることが当たり前でした。セックス抜きのパパ活でさえ、月に最低でも10万円はもらえたそうですから驚きですね。

しかし、それも初めのうちだけでした。パパ活という言葉が一般的になり、普及したことによりライバルが急増してしまったのです。

楽してお金を稼ぎたい若い女の子は掃いて捨てるほどいますが、セックスなしで月に10万円以上をポンと払える男性はごくわずかです。

そのため、パパを募集する側の女性はどんどん条件を下げていき、月に10万円が5万円になり、セックスなしのはずがセックスありでもOKです、と本末転倒になってしまっています。

セックスありの関係は「身体ありパパ」なんて表現をするようですよ。それってただの愛人契約なんですが、意地でも「パパ活」という言葉にこだわるあたり笑ってしまいますよね。

とはいえ、月5万円でハイレベルな女の子とセックスを楽しめるのなら、わたしのような一般人でも十分に検討の余地があります。

なにせ「パパ活は楽してお金が稼げる!」というイメージが先行してしまい、普段は援助交際なんてしないようなジャンルの女性も手を出しているのですから。

それこそ恵まれた家庭で大事に育てられた女の子が募集していたりするのです。いままでの援助交際であればお目にかかることがなかったレベルの女の子と会えるのです。

もし、ハイレベルな女の子を見つけられたら、最初はセックスなしの約束でもいいからとりあえず会ってみることをオススメします。会ってしまえばこちらのものです。なんやかんやと理由をつけてセックスありの関係に途中から変えてしまえばいいのです。

駄目なら駄目で、早期に契約を打ち切ればいいだけですからね。お金を支払う側である以上、契約を続けるかどうかの決定権はこちらが握っているのですから。

このパパ活ブームを利用して、超かわいい女の子と格安でセックスを楽しむことも夢ではありません! ぜひ、今のうちに味わっておきましょう。

パパ活している女性は秘密主義なのでトラブルにならない

それに、パパ活している女性は秘密主義なのでトラブルにならないという特徴もあるのです。

パパ活をしている女性のほとんどが

  • 楽をしてお金を稼ぎたい
  • 世間的に悪い印象の仕事はしたくない
  • バレずに大金を手にしたい

と思っている女ばかりです。

主に下記のような考えで、パパ活に行き着いています。

  • 「お金は稼ぎたいんだけど、風俗やデリヘルのようなエロいことはしたくない」
  • 「キャバクラなどで知らない不特定多数の男性と話したくない」
  • 「エロチャットなどで顔をさらけ出すのは嫌だ」

このように、何かしら理由があって高額が期待できるアルバイトをしていないんです。

パパ活は不特定多数の人に見られるわけではありませんし、顔をさらけ出すこともありません。そしてお金をもらうだけでなく物を買ってもらったり、ご飯をおごってもらったりなど、いいことずくめです。

仕事をしている感覚が全くないのに、お金も入ってくるという点に魅力を感じ、始めている女性も多いです。こっそりお金を稼ぎたい女性は友達や知人、親などに知られたくないと考えています。

例えば、風俗嬢、キャバクラ嬢、エロチャットなどは男性が利用するものなので、知っている人が見ないとも限りません。そういったリスクを考えれば、不特定多数の人と触れ合うものは避けて、パパ活をやりたいというのもうなずけます。

もしパパ活で何かトラブルがあっても世間にバレたくないという女性ばかりなので、まず訴えることは少ないでしょう。

罪悪感があるから攻略が簡単

パパ活をやっている女性は少なからず皆、罪悪感を持っています。

  • タダで物をもらっている
  • ご飯をご馳走してもらっている
  • 簡単にお金をもらっている

など。

一緒にデートしてあげたり、ちょっとお付き合いするだけでこのような奉仕を受けられるのですから、「こんな待遇を受けていいのかしら」と思う女性がいるのもうなづけます。

そして、こういった状況は女性が訴えにくい状況を作っていると言えます。もし男性と仲が悪くなった場合、「今までこれだけ支援してきたのに!」と男性がキレてしまうこともあります。

そこで男性に「今まであげたものをすべて返せ!」と言われたら返すしかありません。現在日本の法律では、相手から物や現金を受けた時、相手が返還を求めているにも関わらずそれに応じない場合、犯罪に発展します。

いわば泥棒と一緒。受け取ったほうが返さないと犯罪者になる可能性もあるんです。

そのことを相手女性にしっかりと伝えたら反論できないでしょう。「パパ活を世間に知られたくない」、そして「犯罪行為として訴えられたくない」という気持ちもあるので、もし何か男性側からの要求がエスカレートし、それを嫌だと思っても簡単には訴えられない状況なのです。

例えば、パパ活をしている男性を訴えたいと女性が思ったとしましょう。男性側に何か問題点があり、仮に女性有利の状況でも最終的に女性が支払いを要求されるケースがあります。

それは不貞行為。仮に男性との争いで女性が勝訴しても、女性は男性の妻から訴えられる可能性があります。

不貞行為をしたという事実があれば、それに関与したということで数百万円の支払いを要求されるケースも。

不貞行為は性行為があった場合に、特に請求額が大きくなります。慰謝料請求として100万円から200万円、もっと高くなった事例もあります。

こういったリスクもあるので、パパ活をしている女性は簡単に男性を訴えられない状況です。パパ活をしている女性は相手男性に妻がいたり、恋人がいるということも知っている女性が多いです。浮気や不倫は故意による部分が大きいと、それに伴い慰謝料の額となって反映されます。

自分が訴えておいて、自分のほうが高く払う羽目になったら本末転倒です。結局、うやむやにしてやり過ごすしかないのです。

裁判になると、いろいろな問題が蓄積

パパ活で何か問題が生じたとしても、訴えるほうがさらにリスクが大きいと考えられます。裁判に発展したら、世間に知られてしまうというリスクがあります。

そうなると、

  • 今後の生活や仕事に支障をきたす
  • 人間関係に支障をきたす
  • 賠償金が命じられることもある

このように単純に金額だけでは解決できない生活環境の変化が伴います。仮に男性を訴えて200万円の慰謝料を勝ち取ったとしても、あなたがパパ活に関わっていたと世間に知られてしまえば、就職も厳しくなりますし、人間関係も水の泡。

200万円以上に大事なものを失ってしまう可能性が高いです。生涯収入を考えると、目の前の200万円より人間関係を維持した方がよっぽど充実した生活が送れます。

そう考えると、パパ活で女性側が訴えるということはほぼ皆無に近いです。今後、パパ活女性とトラブルになったら、上記のようなことを言えば萎縮するはずです。現実を思い知らせれば、怖いことは無いでしょう。

そう考えると、パパ活女子を言いくるめてさらにオイシイコトもできるような気がしますね……。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-12 援助交際ターゲット

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2018 All Rights Reserved.