初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

16 援助交際ニュース

マイナンバーで援助交際は爆発的に流行る

更新日:

マイナンバーで援助交際は爆発的に流行る2015年10月からマイナンバー(社会保障・税番号制度)が始まりました。

今後、日本は、国民全員に12桁の個人番号をあたえて、その番号に基づいてあらゆる情報を管理する社会に変化していきます。

企業は法人ナンバーを与えられ、従業員のマイナンバーを把握し、給与を払うようになります。金の流れはナンバーからナンバーへ、すべて数字で把握されます。数字に基づいてお金の流れは補足され名寄せされていきます。

もちろん、副業の場合も給与を受け取るにはマイナンバーを申告する必要があります。

ということは、副業禁止の会社で副業を続けるのは難しくなってしまうでしょう。住民税は個人の収入全体に課税されるものですから、会社から給与の天引きされるにあたって、副業をしていることがバレてしまうのです。

また、キャバクラや風俗の給与を税務署に把握される可能性も高くなるでしょう。これまで確定申告なんて一度もしたことがないという風俗嬢やキャバクラ嬢もたくさんいるはずです。

あるいは、マイナンバーから、風俗に勤務していることが、彼氏や両親にバレてしまう危険もあるかもしれない。

実際にマイナンバーで副業や脱税がバレるのかどうかは問題ではありません。マイナンバーで社会がどう変わるのかはまったくわかっていないのです。だから「こういうふうに変わる」と断言する人の言うことは信用しないようにしてください。

確実なのは、女の子たちが、マイナンバーを不安に思うようになるということなのです。

変化が起きようと起きまいと「なんとなく不安」であることには代わりがありません。

まあ、個人的には、風俗嬢やキャバクラ嬢のマイナンバーからの税務調査は「見せしめ的に」確実におこなわれるとは思いますけどね。

だから多くの女の子がキャバクラや風俗を辞めていくでしょう。そして、あらたに応募することも少なくなっていくことでしょう。

風俗嬢とマイナンバー

マイナンバーで援助交際は爆発的に流行るさて、いよいよ本題です。

マイナンバーが始まることにより、風俗嬢が援助交際を始めるでしょう。

援助交際は払う側も払われる側もマイナンバーはいっさい必要ありません。税務署はぜったいにその支払を捕捉することはできないのです。

であれば、風俗嬢たちは、多少のリスクを背負ってでも、援助交際をし始めるはずなのです。

たとえ、地下風俗であろうと、出会い系サイトを利用した援デリ業者であろうと、胴元が税務調査に入られてしまうリスクは避けようがありません。

女の子個人が援助交際をすることは、税務調査などのバレなどの観点から言えば「無敵」なのです。

風俗嬢がいっきに援助交際市場に市場になだれこむことによって、価格破壊がすすむはずです。

女子大生とマイナンバー

女子大生がお金に困ると、ガールズバーやキャバクラで働くなんていうこともいままでは多かったでしょう。

しかし、親の扶養からはずれるなどの理由で、親にバレてしまう可能性があるなんていうことをこれからは心配する必要がでてきます。

だったら、最初から援助交際をして親に内緒でお金を稼ぐという選択肢を選ぶ女子大生が増えてくるでしょう。

また、風俗に関してはさらなる心配があります。

マイナンバーがきっちり制度化されれば、「過去に風俗で働いていた就業履歴」がきっちりと残ってしまう可能性があります。

女子大生の間だけ、腰掛け程度に「風俗でお小遣い稼ぎ♪」なんて気軽に考えることができなくなってしまいました。

そんなわけで、どんどん普通の女子大生が援交を始めるわけです。

わたしたちは、いまこそこのビッグウェーブに乗って、レベルの高い女の子と援助交際をしまくるべきなのです。

OLとマイナンバー

風俗を副業としているOLも世の中にはたくさんいることでしょう。

奇(く)しくも平成30年(2018年)は、「副業元年」と言われています。

平成30年は"副業元年"!?

働き方改革の一環として政府が「原則、副業・兼業を認める方向で普及促進を図る」と旗を振る中、平成30年は、「副業元年」になるとも言われています。

(中略)

働き方改革を推進する政府。副業や兼業は、大きな柱の1つとなっています。「柔軟な働き方」をしやすくするためです。これを受けて厚生労働省が有識者による検討会を設置させ、議論を加速させてきました。こうした動きはことし、平成30年に本格化します。年明け早々には副業や兼業の促進についてガイドラインをまとめるほか、多くの企業が参考にする「モデル就業規則」の改定が行われます。本腰を入れる政府の動きをとらえ、関係者はことしを「副業元年」と位置づけているのです。

平成30年は"副業元年"!? | 働き方 | NHK生活情報ブログ:NHK

とはいえ、当然ながら、OLが風俗で働いているなんていうことばバレるわけにはいきません。

たとえ、会社が副業を許可したからといって、彼女たちはぜったいに風俗で働いていることがバレるわけにはいかないんです。

であれば、彼女たちが向かう先はとうぜん援助交際ということになります。

かくして、援助交際市場には大量のOLがあふれかえることでしょう。

人妻とマイナンバー

景気が良くなったといっても実質賃金は下がり続けています。

だから、家計を預かる人妻は大変。人妻風俗で働いている奥様たちはたくさんいますね。

でも、人妻たちはぜったいに風俗で働いていることが旦那にバレるわけにはいきません。

だから、こちらもまた援助交際を始めるわけです。

風俗嬢も女子大生もOLも人妻も、マイナンバーのせいで、みーんな援助交際を始めます。そのせいで、女子高生たちの相場も下がり続けているようです。

ぜひ、この時代に援助交際を堪能したいものですね。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-16 援助交際ニュース

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2018 All Rights Reserved.