初心者がはじめて援助交際するときに、抑えておかないと損するポイントを丁寧に紹介しています。愛人契約やパパ活にも対応しています。

援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】

03 援助交際メールのコツ

援交メールの最低限のルール

投稿日:

援交メールの最低限のルール
ナカムラ
ども。ナカムラです。本日は、援交するためのメールのお話です。

援交少女には、すぐに会ってくれる女の子もいますが、多くの場合は、メールで相手が安全でまともな男であるかを確かめてきます。

援助交際なんだから、どうせ簡単に出会えるだろうということで、適当なメールを送って、援交が上手くいかない男性も多いのが実情ですね。

援助交際のメールなんて、普通の出会いメールに比べたら簡単なのに、そのメールが続かないのは本当にもったいない。

最低限のルールさえクリアしておけば、援交メールは楽勝だし、援交セックスを楽しむのも楽勝なんです。簡単に少女の体を堪能できるんです。

しかし、その「最低限のルール」がわかっていなくて援交が上手くいかない人がいるのです。というわけで、本日は、援交メールの最低限のルールをまとめました。

援助交際なのにメールがうまくいかないと思っているみなさまや、援交少女とのメールがなかなか続かないと思っている方は、こちらを参考にして、スムーズな援助交際を始めてみてください。

援交メールの最低限のルール

メールは短すぎず長すぎず

メールの分量は、基本的には、援交少女よりもちょっとだけ長いくらいが良いでしょう。向こうが長いメールを送ってくれているのに、「了解」だとか「わかりました」くらいの短いメールを送ってしまうと、

「何を考えるのかわからない……」

って不安にさせてしまいます。

また、援交少女が短い文章送っているのに、だらだらと長い文章送ると、面倒くさいヤツという感じを与えてしまいます。だからメールの文章量は、援交少女よりもちょっとだけながいくらいというのが適切なのです。

メールの返信のタイミング

メールの返信のタイミングも重要。例えば援交少女がポンポンとメールのやりとりをして、その日のうちに会いたいと思っている場合、メールの返信が遅ければ、他の男性に、その女の子をとられてしまいます。相手が早いメールの返事を望んでいる場合は、素早い返信を心がけてください。

また、相手の女の子が、あなたとゆっくりメールをしてあなたがどういう人間なのかで見極めたいと考えているのに、あなたがどんどん返信してしまっては、なんだかせかされているようで怖くなってしまいます。基本的には、相手の女の子から返事が来ない限りは、メールの返事はしないようにしましょう。急かしすぎるのは、1番良くないこと。相手の女の子と、同じペースでメールをしていくようにしてください。

メールの返信がないからといって3通4通5通と、どんどんメールをしていくのは絶対にダメ。メールが来ないからといって急かしていては、援助交際は絶対にうまくいきません。

相手から返事が来ない時は、せいぜい2通くらいのメールに留めておきましょう。

その時も、

  • どうして返事くれないの?
  • 待ってるんだけど
  • 早く会おうよ

など、急かすような内容のメールを送ってはいけません。とにかくあなたが安全であると言うことをアピールすることが大切なのです。

ファーストメールの返事はできるだけ早くする

ファーストメールの返信が来た時はできるだけ早く返信しましょう。

女の子は何人かの男性にメールを送って、その返信を待っているんです。そのなかで、返信が早かった男性ととりあえずやりとりが始まります。このほんのちょっとしたスピードが、勝敗を分けるのです。

ただし、先ほども言ったように、2通目3通目は、女の子の返事もないのに送りつけるような事はやめてください。

大切なのはのタイミングを合わせること。1通目の返信は超スピードで行うことです。

名前を書く

人は、自分の名前を呼んでくれる人に好意を持つものです。その名前が頭やハンドルネームやニックネームだとしても同じこと。メールの中に相手の名前を必ず入れるようにしましょう。

  • ◯◯ちゃん、メールありがとう
  • ◯◯ちゃんは、どう思うかな?
  • ◯◯ちゃんの好きな◯◯は何ですか?

と書くだけでグッと距離が縮まります。

また相手の名前を入れることによって、コピペメールではないなと思わせることもできます。

考えてみてください。あなたの名前が入っているメールと、入っていないメール。どちらがあなたの心に訴えかけるでしょうか。

例えばダイレクトメールなどは、メールの冒頭に、「〇〇さんおめでとうございます」なんていうふうに名前が入っていますね。これは、メールをもらった人の返信率がまるで違うということを理解しているからこそのマーケティング手法なのです。

何通までメールをするか損切りラインを決めておく

「あるていどのメールのやり取りは必要」という話をしていましたが、だからといって何十通もメールをする必要はありません。

たとえば、わたしの場合は次のように損切りラインを決めています。

  • サイト内でのヤリトリで10通いないに直メやLINEに移行できないならあきらめる
  • 直メやLINEで20通以内にアポができなければあきらめる

つまり合計30通以内にアポがとれなければ、その援交少女はもう無視します。

30通で出会えなかった女の子が40通で会える可能性は非常に低いと考えて良いでしょう。だったら他の女の子にメールしましょう。

みなさんも、これからの経験で、損切りを何通までにするかという事を決めていきましょう。特にサイト内でのやりとりはお金がかかるものです。いくらまで金をかけてもいいのかという自分ルールをきちんと設定して援交にのぞみましょう。

援交は、

  • 出会い系サイトの利用料
  • 交通費
  • カフェ代
  • ホテル代
  • 援交代

などの合計金額で考えることが大切です。どのぶぶんにどれだけお金を配分するかということに敏感になってすこしでもおとくに援交を楽しみましょう。

メールで話すのは女の子の話

メールで自分の話ばかりダラダラと話すのはやめてください。話すべきは、女の子の話です。

  • 〇〇ちゃんはどんなことが好きなのかな
  • 〇〇ちゃんはどんな女の子なのかな
  • 〇〇ちゃんは普段は何をしているのかな

と言うことを話すようにしてください。

ただし個人情報をしつこく聞き出すような事はやめてください。

あくまでも世間話の感じでお話ししてください。

援交少女は、

  • 自分の話をするのが大好きだけれど
  • 自分の個人情報は話したくない

と言う複雑な生き物です。

その辺を察してあげて、女の子が不安にならないような女の子の話をメールの中でしてください。

きちんとした文章を書く

どうせ援交女なんだからという理由で、適当に文章を書いている人がいます。

  • 早く会おうぜー
  • ぶっちゃけヤれればいいから
  • いくらなん?

そういう馬鹿っぽいメールを送るのはやめてください。あまり堅苦しいメールは、警戒をされてしまいますが、ある程度の礼儀は必要です。

こんにちは。〇〇っています。普段は新宿で遊んでいるけど、◯◯ちゃんは、普段はどんなところで遊んでるの。もしよかったら、力になれることがあるかもしれないから返信もらえるとうれしいな。ではよろしくお願いします。

これぐらいの感じのメールでちょうどいいくらいです。あまり馬鹿な言葉遣いを使っていると、粗暴で粗野な人間だと思われます。

見下さない

どうせ援交女だからということで、見下したようなメールを送る人がいます。

はっきりってすごく損です。見下すのは心の中だけにしておいて、メールの中では、相手をちょっと上に見たような内容にしましょう。

  • 〇〇ちゃんみたいなかわいい女の子と会えたら嬉しいな
  • 大学生なんだね。がんばって勉強してるんだね
  • 〇〇(職業)をしているなんてかっこいいね

そんなふうに相手をどんどん持ち上げておきましょう。もちろん口先だけでも結構です。全くそういうお世辞を言わない男とは大きな差をつけることができるでしょう。

ルールにがんじがらめにならない

ここまでいろいろなことを書いておいて、最後にこんなこと言うのもなんですが、メールの返信は、臨機応変にしてください。極度に馬鹿っぽい女だった場合は、こちらもちょっと馬鹿っぽい感じを出しても良いでしょうし、相手が汚い言葉遣いなら、こちらも多少汚い言葉遣いをするのも構いません。

あまり、ルールにがんじがらめにならずに、臨機応変な返信を心がけましょう。基本的には相手の女の子に合わせる感じで問題ないと思います。女の子は自分とあまりに違うタイプの男性に嫌悪感や恐怖心を感じるのです。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法



援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

-03 援助交際メールのコツ

Copyright© 援助交際の出会い「エンコーネット」【愛人契約・パパ活対応】 , 2019 All Rights Reserved.