パパ活している女性は秘密主義なのでトラブルにならない

パパ活をしている女性のほとんどが「楽をしてお金を稼ぎたい」、「世間的に悪い印象の仕事はしたくない」、「バレずに大金を手にしたい」と思っている人ばかりです。

主に下記のような考えで、パパ活に行き着いています。

  • 「お金は稼ぎたいんだけど、風俗やデリヘルのようなエロいことはしたくない」
  • 「キャバクラなどで知らない不特定多数の男性と話したくない」
  • 「エロチャットなどで顔をさらけ出すのは嫌だ」

このように、何かしら理由があって高額が期待できるアルバイトをしていない可能性が高いです。そこで浮上してくるのはパパ活。

パパ活は不特定多数の人に見られるわけではありませんし、顔をさらけ出すこともありません。そしてお金をもらうだけでなく物を買ってもらったり、ご飯をおごってもらったりなど、いいことずくめです。

仕事をしている感覚が全くないのに、お金も入ってくるという点に魅力を感じ、始めている女性も多いです。こっそりお金を稼ぎたい女性は友達や知人、親などに知られたくないと考えています。

例えば、風俗嬢、キャバクラ嬢、エロチャットなどは男性が利用するものなので、知っている人が見ないとも限りません。そういったリスクを考えれば、不特定多数の人と触れ合うものは避けて、パパ活をやりたいというのもうなずけます。

もしパパ活で何かトラブルがあっても世間にバレたくないという女性ばかりなので、まず訴えることは少ないでしょう。

罪悪感もある

パパ活をやっている女性は少なからず皆、罪悪感を持っています。「タダで物をもらっている」、「ご飯をご馳走してもらっている」、「簡単にお金をもらっている」など。

一緒にデートしてあげたり、ちょっとお付き合いするだけでこのような奉仕を受けられるのですから、「こんな待遇を受けていいのかしら」と思う女性がいるのもうなづけます。

そして、こういった状況は女性が訴えにくい状況を作っていると言えます。もし男性と仲が悪くなった場合、「今までこれだけ支援してきたのに!」と男性がキレてしまうこともあります。

そこで男性に「今まであげたものをすべて返せ!」と言われたら返すしかありません。現在日本の法律では、相手から物や現金を受けた時、相手が返還を求めているにも関わらずそれに応じない場合、犯罪に発展します。

いわば泥棒と一緒。受け取ったほうが返さないと犯罪者になる可能性もあるんです。

そのことを相手女性にしっかりと伝えたら反論できないでしょう。「パパ活を世間に知られたくない」、そして「犯罪行為として訴えられたくない」という気持ちもあるので、もし何か男性側からの要求がエスカレートし、それを嫌だと思っても簡単には訴えられない状況なのです。

訴えると自分にとばっちりが!

例えば、パパ活をしている男性を訴えたいと女性が思ったとしましょう。男性側に何か問題点があり、仮に女性有利の状況でも最終的に女性が支払いを要求されるケースがあります。

それは不貞行為。仮に男性との争いで女性が勝訴しても、女性は男性の妻から訴えられる可能性があります。

不貞行為をしたという事実があれば、それに関与したということで数百万円の支払いを要求されるケースも。

不貞行為は性行為があった場合に、特に請求額が大きくなります。慰謝料請求として100万円から200万円、もっと高くなった事例もあります。

こういったリスクもあるので、パパ活をしている女性は簡単に男性を訴えられない状況です。パパ活をしている女性は相手男性に妻がいたり、恋人がいるということも知っている女性が多いです。浮気や不倫は故意による部分が大きいと、それに伴い慰謝料の額となって反映されます。

自分が訴えておいて、自分のほうが高く払う羽目になったら本末転倒です。結局、うやむやにしてやり過ごすしかないのです。

裁判になると、いろいろな問題が蓄積

パパ活で何か問題が生じたとしても、訴えるほうがさらにリスクが大きいと考えられます。裁判に発展したら、世間に知られてしまうというリスクがあります。

そうなると、

  • 今後の生活や仕事に支障をきたす
  • 人間関係に支障をきたす
  • 賠償金が命じられることもある

このように単純に金額だけでは解決できない生活環境の変化が伴います。仮に男性を訴えて200万円の慰謝料を勝ち取ったとしても、あなたがパパ活に関わっていたと世間に知られてしまえば、就職も厳しくなりますし、人間関係も水の泡。

200万円以上に大事なものを失ってしまう可能性が高いです。生涯収入を考えると、目の前の200万円より人間関係を維持した方がよっぽど充実した生活が送れます。

そう考えると、パパ活で女性側が訴えるということはほぼ皆無に近いです。今後、もし訴えようとしているパパ活女性に出会ったら、上記のようなことを言えば萎縮するはずです。現実を思い知らせれば、怖いことは無いでしょう。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法