援助交際にオススメな女性の職業

援助交際をするなら、どういう職業を狙うべきでしょう。

フリーター? OL? 人妻? 学生?

本日は、援助交際にオススメな女性の職業をまとめました。

こういった傾向を踏まえておくと、援助交際希望とはっきり言わない女性にたいしても援助交際アプローチをすることができますし、自分だけの専用援交女を見つけられる可能性も高まります!

援助交際にオススメな女性の職業

女子大生

女子大生は援助交際にはとてもオススメできます。とくに、地方出身の大学生を狙うべし!

地方出身の大学生の方が親元を離れて、のびのびした気持ちになりがち。周りに知り合いも少ないので、羽を伸ばす傾向があります。

そして、地方出身の大学生はもう一つ大きな特徴が!

それは一人暮らしを必ずしていること。

一人暮らしをしていると、かなり自由度があるので門限もありませんし、夜遅くに家を出ても誰から文句を言われることもありません。

そういった開放感のある環境で暮らしている大学生のほうが援交を出来る状況と言えます。そしてできれば暇な大学生より、忙しいぐらいの大学生のほうが良いです。

「忙しい大学生」→「バイトする時間がない」→「できるだけ早く簡単にお金を稼ぎたい」→「援交に走る」といった方程式が成り立ちます。

ちゃんと学校に行っている大学生ほど、朝の時間が早いので夜遅くになるキャバクラ嬢や風俗嬢のバイトはしづらいです。そうなると、時間を問わず対応できる援交に興味が出てきます。

よく週刊誌などで「医学生がパパ活を告白!」なんて記事もあったりしますからね。忙しくて真面目そうな大学生は、そういったこと(援交)に手を出さなそうなイメージがありますが、そんなことはありません。

現実問題、時間もお金もなくて援交をしているという大学生も世の中にはたくさん居るのです。

仕送りがない大学生は慢性的にお金がない状態。いわゆる貧乏大学生です。

仮に学生アパートに住んでいたとしても、家賃と生活費だけで10万円は超えてしまうでしょう。東京の場合は15万円から20万円ほどかかってしまうことも考えられます。

学生がバイトでそれだけの金額を貯めるのは、かなり大変なことです。それこそ毎日学校が終わった後にバイトしなければいけないぐらい働かなければいけません。

さすがにそういった状況が続いてしまうと疲弊してしまうので、何か良い方法はないかと考え、女子学生の場合は援交が視野に入ってきます。

出会い系サイトなどで大学生とやりとりしている時に、「仕送りは足りているのか?」といった質問は大きなヒントになります。お金が足りてなさそうな雰囲気なら援助してあげましょう。

大学生と援交する場合は、親の職業も聞いておくと良いでしょう。それによって、その学生自体がお金に困っているかが見えてきます。

親が定職についていなかったり、あるいは離婚していたりなどのケースでは間違いなく仕送りもないでしょう。「自分でどうにかして暮らしていけ!」という状況になっていれば、何かお金が稼げるものに手を出していてもおかしくありません。

親がしっかりしていない学生ほど真面目に働こうという気持ちが薄いので、「楽なことでなんとか大金を手にしたい」という気持ちになりがちです。

そうなると援交は1日だけで数万円をゲットできるチャンスもあるので、手を出す大学生もいます。親の背中を見て育っている子供は、お金の稼ぎ方も似る傾向があります。

時給900円のバイトをコツコツと頑張って、お金を貯めようという意欲がない大学生ほど狙い目です。

「世の中にはこんなに簡単にお金が稼げちゃうんだ!」ということを知ってしまうと、味をしめてそちらばかりに力を注ぎます。援交なら大した労力もなくお金が稼げちゃいますからね。

もし援交をやったことがない学生を相手にするなら、まずはデートに誘ったりしてご飯をおごってあげましょう。そうするとタダでご飯が食べられると思って、2回目以降もついてきてくれる可能性が高いです。

そして徐々にハードルを上げていって、エッチまで持っていくのが可能になっていきます。何回かご飯に連れて行ってあげたり、カラオケなどに遊びに行けば気持ち的にも打ち解けてくるので警戒心も薄れていくはずです。

なぜ大学生が援交をするかというと、まだそこまで後ろめたさや罪悪感が薄いからです。

20代後半になってくると、だんだんと「こんなことではいけない」といった冷静な目を持ちがちです。

しかし20代前後の大学生は、

「一緒にデートして、ちょっとエッチなことをするだけで大金がもらえるならそれでもいい!」
「学生だとアルバイトでもらえる額はたかが知れているし、このほうが大金を稼げる!」

などと、その時お金を得られる満足感のほうが上回るので、いけないことをしているという感覚が薄いです。

20代前後のほうが「その時楽しければそれで良い」という感覚が強いので、実際、援交をしている割合も他の年代より多いと言えます。

女子大生に関しては「普通の女子大生やインテリ女子大生たちが援助交際を始めている理由」にもまとめてありますのであわせてごらんください。

人妻

人妻も援助交際にはとてもオススメ。「人妻にお金を払うなんて……」という人もいるかもしれませんが、人妻のほうだって、自分が若くないから商品価値が低いことはわかっています。

ということは、より安い金額で援助交際ができる確率が高いということ。

それに最近の人妻は、美人でスタイルが良い人も多いことが、街を歩いていればわかると思います。

子供が生まれて、家計が厳しくなって、空いた時間に体を売って稼ぎたいなんて考えている美人人妻の時間を金で買ってあげましょう。

さらに、あなたが熟女マニアであればさらにチャンス。彼女たちは、需要も下がってきているので、タダマンができてしまう人も多い。なかには、逆援助交際なんていう話も聞きますね。ぜひ、チャレンジしてみてください。

介護士

仕事のストレスと賃金の安さから援交に手を出している介護士もいるといわれています。近年はお年寄りの数も増えてきて、介護の需要が増えています。

しかしその状況とは裏腹に、低賃金の介護施設が増えているので普通に働いているだけでは収入が安すぎると考える介護士も多いのが現状です。

平成27年の発表によると、介護士の平均年収は378万円。しかしこれは男性職員も入っている数なので、女性に限るとさらにその年収も下がるはずです。

東京都内の介護士の求人募集でも月収20万円前後が多いので、手取りになると15万円から17万円程度になってしまうと推測されます。

正社員で、このような状況ですから、「とてもじゃないけど生活が大変……」という人も多くなります。そういった状況で援交に手を出してもおかしくないです。

また、介護士は仕事柄、お年寄りの体を拭いてあげたりなど裸を見ることに慣れています。そういった影響もあり、「異性の裸を見ることに抵抗感がない」と思う介護士も多いのかもしれません。

保育士

保育士も介護士と同様、需要が多い割に保育士の数が足りないという現状が続いています。厚生労働省が待遇改善に乗り出していますが、そもそもの基本給が安いので大した改善に及んでいません。

民間の保育士の給与が平均3%改善されたと言われていますが、3%なので月給18万なら僅か5400円アップ。これでは生活が楽になったと言えるレベルではありません。

保育士の平均年収は325万円と、介護士よりもさらに安い状況に……。フルタイム勤務でも月給15万円から18万円程度が多いので、こちらも賃金が安い職業として有名です。

保育士は特に若い世代の就業率が高いので、そういった年代は仕事以外でもまだ余力を残している状況。援交なら暇な曜日だけを考えて対応出来ますし、保育士なら融通が利きます。

「保育士=援交をやっている」と結論づけるわけにはいきませんが、待遇面などから考えてやっていてもおかしくない職業と言えます。

飲食店従業員

飲食店従業員は、忙しいわりに賃金が安いことで有名です。しかもなかなか昇給がありませんから、いつまでも給料が安いままという人も多いです。

そういった状況から抜け出すために何か副業はないかと色々考えて、援交という方法を見つける人もいます。飲食店従業員は拘束時間が長く、しかも休日やゴールデンウィークなども仕事をする人が多いです。

その結果、平日しか休みがない状況に……。平日休みで、その時だけ副業したいと思ってもなかなか選択肢がありません。

援交なら女性の希望に合わせることが多いので、その時だけ会ってお金を稼ぐということも可能に。飲食店で働いていますという女性がいたら、収入面などの切実な悩みを聞いてあげて、そこから突破口を見出すというのも一つの手段です。

お金の面で苦労しているようなら、「今度ご飯を奢ってあげるよ!」などと気軽に誘ってみましょう。

アパレル関係

アパレル業界は正社員の割合が低い職業でもあります。従業員の7割がたは契約社員やアルバイト。

例えば洋服のお店に4人の従業員がいたとしたら、1人だけしか正社員がいないなんてこともよくあります。アパレル業界で働いていると言ったら、かなりの可能性で非正規社員と考えてよいです。

非正規社員ですから、給料もそこまで高いとは言えないでしょう。地域によって異なりますが、時給800円から1200円がいいところ。月給換算で20万円届くかどうかという女性が多いはずです。

しかもボーナスもないでしょうから、お金の面で苦労している女性も多いです。「アパレル業界で働いている」と言ったら、正社員かどうか聞いてみるのも良いですね。それによって収入面がだいたい見えてきます。

アパレル業界に勤めている女性は比較的、社交性のあるタイプの人間が多いです。つまりは男性に対しても、そこまで抵抗なくしゃべれる人が多いという状況。

援交に対しても、そこまで抵抗感なく行っている人もいます。おそらくやっている本人は「援交」という言葉を使っていないでしょう。

しかし、結果的にご飯をおごってもらう年上の優しい男性などいれば、それは立派なパパ。そういったところからエッチをする関係にまで発展することも十分ありえます。

フリーター

何と言っても一番狙い目なのは、フリーターです。仕事を転々としていたり、週に3、4日程度しか働いていないフリーターは慢性的なお金不足。

「ご飯をおごってあげる!」、「何か物を買ってあげる!」という誘い文句に一番弱いタイプです。最初はそういった関係でスタートして徐々に家に連れてきたり、ホテルに行ったりするなどの関係に発展する可能性があります。

もしも、今、週に7日働いている女のコがいたとしてもかならず長い関係を作っておいてください。そんな生活が続くわけはありません。

体を壊したときや、仕事への気力がなくなったときはチャンス! いともかんたんに援交女にジョブチェンジさせることが可能なのです。

フリーターなら、どの年齢の女性でもチャンスがあるので積極的に誘ってみましょう!

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法