心理学を利用した援助交際必勝法

心理学を利用した援助交際必勝法をまとめました。

「心理学を利用」なんていっても結局は金を払ってセックスするんだから一緒じゃないか!

なんて思っていませんか?

いえ、違います。

心理学を援助交際に利用することで、

  • より良い女と
  • より多くの回数
  • より安い金額で

援助交際をすることができるようになるのです。

エンコー女だって、生身の女です。

「自分が好意を抱いていない男に2万円で抱かれること」よりも「自分が好意を抱いている男に1万円で抱かれること」を選ぶのです。

さらに、これらの心理学を駆使しつづければ、エンコー女をセフレにしてタダマンにありつく可能性もあります。

ぜひごらんになって実践してみてください。

心理学を利用した援助交際必勝法

ランチョンテクニックと連合の原理

「ランチョン・テクニック」をご存知でしょうか。

まあ、有名なので多くの方がご存知でしょう。

簡潔にいえば、「人は食事をしているときにかかわりのあった人を好きになる」という心理学を利用したテクニックのことです。

心理学者のグレゴリー・ラズランが研究した心理法則です。

だから援助交際少女とはとりあえず食事をしながら会話をしましょう。

今回はそういうお話でした。

……なんていうくだらない結論で終わったりはしません。

そもそも、このランチョンテクニックの効果は、どういった理由から生まれてくるものなのでしょうか。

連合の原理

人は、おいしいものを食べると「快楽」が生まれます。そして、この「快楽」が、他の記憶と結びつくのです。

そして、一緒に食事をとった人と、その「快楽」がむすびつくと、その人に好感を持つのです。

これを心理学では「連合の原理」といいます。

この「連合の原理」は、食事以外にも応用することができます。

たとえば、なぜモーターショーには車の隣に美女がいるのでしょう? それは、美女が素晴らしいことと、車の性能が素晴らしいことの「連合の原理」の効果を狙っているのです。人は、美女の隣に置いてある車を無意識に性能が良いものと考えてしまうのです。

あるいは、好感度の高いタレントがCMで紹介した商品が売れるのも、これとまったく同じですね。「連合の原理」で、そのタレントが出演しているCMの商品が良いものであるように感じてしまうのです。

であれば、援助交際少女のあなたへの好印象を引き出すためにすべきことは明らかですね。援助交際少女が好きなイメージを持つものと自分を結びつけるのです。

  • 援助交際少女が好きなお菓子を用意する
  • 好きな音楽をかける
  • 好きな映画を見せる
  • 好きなタレントの話をする
  • 楽しかった思い出の話をする
  • 好きな場所へ行く

こういったことを繰り返していくことで、援助交際少女のあなたへの好感度は上がっていきます。そして最終的にはタダマンにありつくことができるのです。

役割効果

援助交際で2万円で3時間の契約を結んだ。

そのときにわたしはかならず援交少女に向かってこう言います。

「今から3時間は本当にぼくの恋人を演じてね」と。

なぜなら、恋人という役割を演じさせることにより、彼女が、わたしのことを好きになる可能性が高まるからです。

映画での役割効果

映画「es(エス)」で有名になったので知っている方も多いと思います。囚人と看守の実験の話です。

被験者を看守役と囚人役にランダムに振り分けます。

その結果、時間がたつにつれて、看守役はより看守らしく。囚人はより囚人らしくなっていくのです。

最終的には囚人を殴りつける看守役まで現れて実験は大幅に短縮されて中止されてしまいました。

このように役割を与えられると、人が、その役割に応じた考え方や行動をしてしまうことを役割効果といいます。

役割効果の応用

  • 車に「試乗」すれば自分が持ち主のような気分になって欲しくなってしまいます
  • 洋服やアクセサリを「試着」すれば欲しくなります
  • 食べ物を「試食」すればもっと食べたくなります

セールスマンは、とにかく顧客に疑似体験させるんです。

疑似体験させるのがむずかしければ、会話の中で疑似体験させるようにします。

「夏の暑い時期の北海道旅行は湿度も低いしさわやかで本当に気持ちよく過ごすことができますよ。また、○○を食べると、本当に東京では食べられないようなものもあります」

そうやって、いかにして疑似体験させられるかを日々考えているのです。

援助交際の役割

だから、冒頭で話したように、わたしは援交少女に「恋人」の役割を演じさせるのです。

それで、すこしでも好意を持ってもらえたら、また会いたいと思ってもらえたら、次回の援助交際はかなり安く済ませることができます。続けていけば、最終的にはタダマンにありつくこともできるでしょう。

ぜひ、援交少女の恋人としての役割を、いかにして強化していくかを考えてください。

一貫性の原理

少女はセックスをしたら男を好きになるんです。好きになったからセックスするのではありません。

だからモテない男はなかなかセックスができないのです。少女が自分のことを好きになるのを待ってからセックスしようとするから、いつまでたってもセックスができないのです。

モテる男は違います。この恋愛における絶対法則を知っているから、とにかく1回目のセックスに全力を注ぐのです。

少女たちは「自分の大切な体を捧げたのだから、この人は価値があるに違いない」と考えるのです。

どんなアバズレだろうとエンコー女だろうと、これはあらゆる女に当てはまる生物としての法則なのです。

援助交際少女における一貫性の原理

この現象は、社会心理学の「一貫性の原理」という法則によって説明することができます。

人は、何かひとつの態度をとると、その行為に一貫性をたもちたいという欲求が生じるのです。

人は、一貫性を保っている人ほど、社会において高い評価を受けると考えています。コロコロと考えを変える人間は人から信頼されないと考えています。

だから、人は、社会生活において、一貫性を保つようにプログラムされていますのです。

この一貫性の原理は、社会のなかで以下のような行動にあらわれます。

  • せっかく会員カードを作ったのだから使わなければ損だ
  • 高いお金を出して買ったのだから良い物に違いない
  • 一度購入すると決めてから送料がかかることに気づいたがそのまま買ってしまった
  • 一生懸命調べてから行ったレストランの食べ物がさほどおいしくなくても満足する

人はだれしも一貫性をたもちたいという欲求が、社会のさまざまな場面で利用されているのです。

このような一貫性の原理の存在を知ったわたしたちがすべきは、とにかく少女たちとセックスをしまくることですね。

わたしたちは、お金を払うことによって、少女たちと簡単に1回目のセックスをすることができるのです。

一見、金を払ってセックスをしたら恋人関係になりづらいように感じてしまいませんか? まったくの逆なのです。

金を払ってでも、一回目のセックスをすることが、少女に好かれるための必勝法なのです。

とにかく一回目のセックスをこなせば、その後のタダマンにありつける確率は格段に上がります。

だからこそ、わたしは援助交際をオススメしているのです。

代替案効果

援助交際をもちかけたい少女がいました。しかし、その少女は自分以外にもう一人と、どちらと援助交際をするか迷っている。あと一息で、その娘と援交できる。

そんなとき、あなたはどういう一手を指すでしょうか。

そういうときは、あなたがもうひとつの選択肢を提示するのです。

たとえば、「○○分○○円って約束していたけど、△△分△△円でもいいよ。好きな方を選んで」と。

そうすると彼女は、あなたとライバルで迷うのではなく、あなたとどう過ごすのかを迷うのです。

さらにいえば、少女にとってあなたは「2つの選択肢を提示してくれた男性」なのですから、そうじゃない男性よりも援交するときに魅力的に見えるのです。

買い物では、人はもともとの選択肢に、新しい代替案がくわわると、もともとの選択肢に魅力を感じるようになるのです。そのため、店頭では、特定の商品を買わせるために、隣に魅力的でない商品を展示したりします。そうすることで、もともとあった商品が、より魅力的に見えるというわけです。

人間は、比較することでしか物の価値判断はできないのです。

代替案を提示することで、もともとの商品の魅力を高めることができます。

これを代替案効果といいます。

ぜひ、援交市場では、代替案効果を利用して素敵な少女をゲットしてください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法

援助交際相手を見つける場合は、無料のおかしなサイトに引っかからないように気をつけてください。まともな出会い系サイトなんて、結局大手出会い系サイトくらいのものなのです。とくに援助交際にオススメの出会い系サイトについてまとめましたのでごらんください。

援助交際にオススメの出会い系サイトとその攻略法